BLOG

ふと

50年代のカタログを見ていたのですが……

このリファレンスはいまだに現物を見た事が無いなと。。

フロリダの業者さんのサイトに長いこと売れずに残っているようですが。。

こんな時計の白系とかあったら魅力あるなぁとか思います。

ピンクでも良いなとか思って調べてみたら、何年か前のジュネーブでピンクが出てたみたいです。

ということは見てるはずですな😅

多分当時は全く興味が無かったんでしょうね。

 

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

師走

いよいよ師走となりました。

弊社は11月決算なので新しい期のスタートです。

法人化して早くも14期目となります。最初の2年は個人事業主だったので事業を始めて16年目。。

感覚的にはあっという間ですが、15年も経過したのかと思うと感慨深いものがあります。それにしても始めた頃は結構若かったんだなぁと改めて思います。知らない事も沢山あったし。。

30代になりたての頃かな、当時のテニス仲間に「時計屋をやりたい」って言ってたんですよね。当時は全然具体的なイメージがあったわけではなくて、冗談まじりだったと思います。何しろまだ定年まで勤め上げるのが当たり前の時代でしたから、会社を辞めて自分で何かを始めるなんて思いもしませんでした。

それが本当にやる事になってしまって……

でも若い時にそう(時計屋をやりたいと)言っていた事は、後になってそのテニス仲間に言われて思い出したんですよね。

そういえばそんなこと言ってたなって……。

だからこの仕事が夢だったわけではなくて、「なんか自分で始めたいな、と言うか、始めなきゃな」って思って、それだったらビンテージパテックだったら好きなことだし良いかもなって。

そんな感じです。

今やこの仕事は日々の生活の大半を占めるようになりました。

時間があればググったり調べ物したり……。

次から次へと興味が広がります。

今は30年代の古い時計や変わったデザインのパテックに興味がありますが、数年したらまた違う時代に興味が移っているかもしれません。

この好奇心が続く限りはこの仕事を続けていけるかなって思っています。

Comment

  1. こうじ | 

    16年目、お疲れ様です。アンティーク時計⌚専門店で16年も続けること大変な事と思います。アンティークパテック・フィリップですから、仕入れ金額等も苦労された事と思います。頑張って下さいね。

  2. onbehalf | 

    こうじ様、
    いつもコメントありがとうございます。
    引き続きよろしくお願いします。

  3. Zepo Yang | 

    Congratulations John! What a journey it has been!

  4. onbehalf | 

    Thanks Zepo

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

438と448

上が先日紹介した448で下が438です。

448はスナップバックで438はスクリューバック。

両者のダイヤルは似てますが448はミニットラックが異なる仕上げでツートーンなのに対して438はフラットで全体がワントーン。

ロゴはもちろんショートとロングの差がありますね🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

あずきに

Tシャツを買ってあげました。

最近だいぶ毛が薄くなってきてしまって…

寒そうなので…

なんか昔の水着みたいです😅

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

左が40年代後期のスティールバックルで右が50年代後期の物。

PPCoの刻印はありませんが、いずれもパテックに付属していたのでオリジナルと思われます。

スティールのバックルは時を経ると残っているものが少なく、当時の物に出会う機会がほとんどないためとても今では貴重なパーツの一つとなっております。

Comment

  1. こうじ | 

    当時のスティールの尾錠は、現存数は少ないんでしょうね。87年の3923のスティールの尾錠ですが、バネ棒が40年のと同じ様にかなり太いしっかりした物でした。バネ棒1本にもしっかりした作り込みを感じた事でした。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    当時のSSバックルはYG等と較べると本当に少ないと思います。やはり素材がスティールだったからと言うのが理由だと思います。
    たしかに80年代の物もバネ棒つく棒いずれもしっかりした造りだと思います(^^)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

すみれ

この春に咲かなかった八重のタチツボスミレが花をつけました。

一つだけでなく三つも🙂

一旦寒くなってから暖かい日が続いたからかな。

気温が下がってきてるので、花はしばらくもちそうです😊

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

欲しい時計

僕は2499も1518もいらないから。。。(いや、いらないって言ったら少し語弊があるから😅)2499や1518よりは、こんな時計が欲しいです!

上から2533、左下が1491そして右下が2481、全てホワイトゴールドになります。

いつか、きっと😊

Comment

  1. CYG | 

    ちょっとノリが違いますが
    私は2483ホワイトかな。
    ありそうな気もしますが。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    2483のホワイトもなかなか出てこないですよね。
    探しておきます‍。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.1503スティール

ref.1503スティールのツートーンダイヤルがオーバーホールから戻りました。

大型の35mm、とても迫力があって魅力のある時計です!

Comment

  1. こうじ | 

    スティールでティアドロップラグ、何とも言えない位素敵な文字盤、現行の5196のプラチナモデルの文字盤と同じ、数字の書体は違っていますが独特の味わいがありますね。奥が深いですね。種類が多いから人気も絶大ですね。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    このツートーンのダイヤルにはこの時計のようにアラビック数字が入る物とブレゲ数字が入る物がございます。
    市場的にはブレゲ数字の方が人気が高く、5196はそのモデルの復刻版になります。
    よろしくお願いします。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.448 スティール

先日ブログで書いた448の追加。。

ダイヤルのデザインはロゴもインデックスの大きさや配置、そしてスモセコのサークルの大きさ等バランスが取れていて、昨日紹介した余白の大きな570とは異なり均整が取れた印象があります。

ツートーンのミニッツサークルやブルースティールの秒針もインパクトがあります。

尚、12時位置の傷は風防の傷になります🙋‍♂️

Comment

  1. CYG | 

    ベルトが気になりますがどこのものでしょうか?

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    ベルトはイタリア人に作ってもらったものです。
    以前このベルトを紹介したブログのリンクは以下の通りです。
    https://onbehalf.jp/2020/06/30/ベルト-4/

    よろしくお願いします。

  3. CYG | 

    ああこれでしたか。
    いい感じですね。
    そのうち実物拝見させてください。

  4. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    残り少ないのですが、是非いらしてくださいませ。

  5. こうじ | 

    時計の顔のバランスがいいですね。ここ数年ずっとデカ厚時計⌚が人気というか大半ですね。パッと見て目立っ時計が多いですね。シンプルでよーく見ると作り込みに驚く様な時計がいいです。まさしくこの時計がいい見本です。

  6. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。。
    はい、おっしゃる通り手が込んでいてバランス良いダイヤルだと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

570スティール

今日は570スティールのご紹介。。

12/3/9にローマンインデックスが入り、その他はドットのとてもシンプルなダイヤル。。

余白の大きさが、ある意味特徴と言えます!

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP