BLOG  Category:watch

新着時計 続き

今日も新着時計。

3940の第3世代、保証書付きです。

ちなみに裏スケバージョンでソリッドゴールドの裏蓋が付属品として付きます👍

新着時計 続き

1942年製の96イエローのブラックです。

ダイヤルはアンタッチのオリジナルですが、ブラック特有の経年による荒れがあります。

これからオーバーホールです。

かなり初期のオフィサータイプ。

陶製文字盤にブレゲダイヤル、スペードハンドです。

販売は1930年。。

90年以上も前に販売された時計です(^^)

新着時計

新着時計の紹介。

また古いレクタン。。

アーカイブスはまだ届いていないので確かではありませんが、ref.486かな。。

1930年代後半の時計です。

マスターズ

ゴルフ好きの方はご存知と思いますが、ゴルフのマスターズで松山選手が3日目を終えて首位に立っております。

スコアは11アンダーで4人が並ぶ2位とは4打差をつけています。

4打差なんて全く安心出来るレベルではありませんが、チャンスは十分にあると思います。イメージとしては3日目までで5アンダーのスピース位まではチャンスがありそうですが、そこまでに松山以外で6人いて、そのうち誰かが5〜6アンダーくらいで周る選手も居るでしょうから、12アンダー辺りまで伸びてくるとすると、松山が70位で周れれば優勝の可能性がかなりありそうですよね。それを考えるとやはりスコアを落とさずにアウトを周れればなぁって感じがします。

日本人男性初のメジャー制覇ももしかしたら夢ではないかもしれません。

私の勝手な予想では13アンダーで松山選手の優勝‼️

明日が楽しみです🙂

レクタン

気がついたら販売品はすっかりレクタンばかりになってしまいましたが……

また古めのレクタンを2本ほど仕入れてしまいました

売れ筋じゃないの分かってるんですけどね…

いいんです😑

話は変わりますが……海外からの問い合わせは何故か同じタイミングで同じ時計が重なります。

最近のトレンドは3800、その次が3796s、そして570ホワイト。

不思議なことに上のどれもが、問い合わせはそれぞれ同日に同じ時計が重なりました。

どこかのコミュニティサイトで取り上げられ、てそれにつられてるのかなとか思ってるのですが。。ちなみに3796は同日に国内でも問い合わせがありました。

HODINKEE ではないみたいですが。。

なんにしてもそんなコミュニティサイトがあるならそこでレクタンを取り上げてくれないかな😝

今日は時計修理のゼンマイワークスさんに時計の修理の相談。

先日お客様を通して紹介させていただきました。

以前よりお名前は存じていたのですが、当時の一新時計の責任者の方がされているとは恥ずかしながら知りませんでした。

35年ほど前に当時持っていたパテックのオーバーホールで何回か伺った懐かしのビルです。

また少しづつお取引出来ればと思ってます。

同社のリンクはこちらから。

1972年のカタログ

こちらは1972年のカタログに掲載されたref.3589、

このブレスレット一体型にローマン数字のモデルが当時の代表的なタイプのようです。

他の年度も見たいのですが、当時のカタログはそうそう手に入る物では無いですからね。。。

でもカタログは同時代のトレンドを把握する意味でとても役に立ちます。。

ref.3589

最近エリプスのref.3589が結構気になります。

ノーチラスの3700と同じ自動巻ムーブメントを搭載した薄型のジャンボエリプスで様々なダイヤルのバリエーションがあります。

比較的目にするのはゴールドやブルーのダイヤルの物ですが、オニキスやラピスの石のダイヤルもあれば、ブラックラッカーにイラクのイーグルマークが付いた物(画像の時計)もあります。

ref.3589は1970~1979年に掛けて販売されたといわれていますが、実際には1980年代の後半まで(おそらくは在庫品でしょうが)販売は継続されたようです。

特に70年代の後半に変わったダイヤルの物が販売されたようなので、ディスコンに際してスペシャルダイヤル物を限定で販売したのかもしれません。

初期のレクタンの品揃えが豊富になってきました😏


どちらもほぼ同じサイズ。

販売はいずれも30年代中期で典型的なアールデコのデザインです。

またいつかレクタンが脚光を浴びる時が来るかなぁ🙃

 

 

1 / 11112345...102030...最後 »
TOP