EN JP

BLOG - information

アーカイブスの変遷について

私がアーカイブスを申請するようになったのは2004年くらいからでした。

当時は画像の提出はなくナンバーを記載してファックスで申請していました。

従って現在のように現物のダイヤルとアーカイブ上のダイヤルが合っていなくてもアーカイブスは発行されました。つまりアーカイブスが拒否される理由はナンバーが合っていない事だけでした。

申請時に画像の提供がルール化されるようになったのは極めてごく最近の事で、多分ここ5年くらいの話ではないでしょうか。当初は仮に現物のダイヤルとアーカイブ上のダイヤルが異なっていても、アーカイブスには現物のダイヤルが記載され、リマークとして「現在のダイヤルはアーカイブ上には記載されていません」と書かれていたりしました。

ダイヤルではねられるようになったのはここ2年くらいの話です。

それでも現物のダイヤルとアーカイブ上のダイヤルの「見た目」が合ってさえいれば発行されるので、ある意味ストックダイヤルでも、リダンでも、極端な話フェイクでも(あまりありませんが)発行されることになります。

事実アーカイブスには「当該時計の真贋を保証する物ではありません」と書いてありますからね。これは従来からずっとこのスタンスです。

以上PPのアーカイブスの変遷を簡単に説明させていただきました。

若い二人

主にアジアの中国人向けの時計のポータルサイトをスタートする若い中国人の二人が当店に時計の撮影に来ました。

時計に関する情報発信をSNSでやってましたが、ようやく売買に携わる事業を始めるようです。

自分の20代の頃を思い出します。当時はインターネットは無かったので、ビジネスを始めるのは今よりはハードルが高かったように思いますが、それでも新しいビジネスを始めるのは容易ではありません。

上手くいくと良いです。

Antiquorum

Antiquorum さんが日本の事務所を復活される事になり、記念に(?)ジュネーブのプレビューが久しぶりに東京で開催されることになり、様子を見て来ました。

ジュネーブにはどっちにしても行くことになっているので、時計を見るよりは表敬訪問のような感じでしょうかね🙂

Antiquorum さんは私が時計に興味を持ち出した頃はまさに全盛のオークション会社でした。お付き合いも長いし、日本の事務所の復活はとても嬉しいです。

他社さんと比べても比較的ビンテージにも力を入れていますので、これからも頑張って欲しいです👍

ようやく

96の本が無事納品されました。

詳しくはこちらからごらんください。

お支払いはお振込、店頭にて現金ないしはクレジットカードとなります。

よろしくお願いします。

※ ヤマト便の配送料ですが、当初60サイズとお伝えしましたが、80サイズになります。

申し訳ありません。

何卒ご了承ください。

本のこと

最終の内容チェックです。

残念ながら年内は間に合いませんが2024年早々には発刊出来ると思います。

よろしくお願いいたします🙇

本日より

本日より弊社は第17期に入ります。

新年度も引き続きよろしくお願いいたします。

新年度早々来週の火曜からニューヨークに行ってきます。

その前に10kmのレースがあるのでちょっとバタバタしてます。

たかが10kmなのですが、会場の大磯までの往復を考えると半日かかります。幸い天気も良さそうなのでホッとしております。

一方、ニューヨークは既に真冬の寒さになっているようです。

服装が少し悩ましいところです。

帰国は12日の夕方になります。

帰国するともう実質2023年も半年なので大掃除とかそろそろ始めないといけません。

年内は基本的に特に休みはありませんのでご興味のある時計等ございましたら是非お越しくださいませ。

為替

東京マーケットで一時146円台まで円高が進みました。

久しぶりの146円台です。

市場ではそれまでの円安の流れが変わりつつあるという意見が出始めています。

私は来週からニューヨーク🗽です。

少しでも円安になってくれると助かります🙏

146円と言ってもレベル的にはまだまだ円安になります。

果たして来年どこまで戻るのか、しばらくは為替相場から目が離せません。

オークション

ジュネーブのオークションは終わり次は今月下旬の香港オークションになります。

私は行きません😑

そしてその次は来月頭にニューヨーク。

こちらに行く予定です🗽

久しぶりに

2時間ほどランしたらへとへとになりました。

最近1時間弱程度しか走っていなかったので。。。

体力がかなり落ちているようです😞

画像はランの途中に七里ヶ浜から見えた富士山です。

さて、話は変わりますが。。。

本日サイトに3445をアップしておりますが、価格はASKにしております。

これは570の時も話しましたが、為替の影響で内外価格差がとても大きいためです。

決して高額ではありませんのでご興味のある方は是非お問い合わせください🫡

パテックとカルティエ

パテックとカルティエのダブルネームは市場でも人気が特に高いです。

30年代の物はパテックの銘が入らずカルティエだけのシングルネームの物も多いようです。

カルティエのサインは年代毎に結構違ってまして。。。

上から30年代、50年代、そして60年代なサンプルです。
30年代の物は筆記体の様ですが、個々の文字がつながっていません。つながってくるのは40年代後半から50年代になります。

それが60年代になるとシンプルなアラビックの文字になります。

従って、もし30年代の物に別の年代のフォントが入ると、クリーニングした後に書き足した可能性を疑った方が良いかもしれません。

Entries

  1. 2024/05/29 2年前は
  2. 2024/05/28 アストロフィツム
  3. 2024/05/27 570バトンハンド
  4. 2024/05/26 大相撲五月場所
  5. 2024/05/25 心拍数

Category

Archives