EN JP

BLOG

ref.3425 ホワイト

ref.3425のホワイトです。

ref.3425のホワイトは市場では10本程度確認されてます。製造は50〜100本位はあるかもしれません。

今回の個体はロゴがエナメルになります。少なくとも私の知る限りでは他の個体は全てプリントです。パテックの昔のカタログを見てもプリントっぽいです。不思議な事にこのリファレンスの後に3429や3435などがありますが、それらは基本的にエナメルのロゴになります。

なぜ3425だけがプリントダイヤルが一般的だったのか謎です。60年代初期はまだエナメルで描かれている物が基本だったので、パテックとしてある意味過渡期としてのトライアルとしてプリントダイヤルを導入した最初のリファレンスだったのかもしれません。

ケースはポリッシュされてまいすが、、ダイヤルはほぼパーフェクトです。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

一応

クリスマス、正月も終わって少しずつ市場は動き始めています。私もまたぼちぼち時計を仕込んでいます。

5本ほど到着待ち。。

その内の1本。

2508イエロー、GUBELINとのダブルサイン。

2508って案外販売店のネームが入るのは少ないんです。

50年代も中頃になると2508だけでなくどのリファレンスも少なくなるようですが、何故か12-600や27-460とかは少なくないです。

570や2508のセンターは大型なので空白が大きいのですが、このようにshopネームが入るとグッとバランスが良くなります。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

富士山🗻

いつもの逗子マリーナのから富士山🗻です。

ちなみに昨日の午前中の景色です。

寒い日が続いております。

皆様どうぞお身体にはご自愛くださいませ。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

ダブルネーム続き

今日もダブルネームで行きます。

今日は3800のGUBELINとTIFFANYです。

80年代以降はダブルネームが極端に少なくなります。

上は80年代初期のGUBELINで下は90年代初期のTIFFANYです。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

ダブルネームの続き

ダブルネームと言えばやはりAspreyのサインが秀逸です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆記体で後年のAmagneticを彷彿とさせます。

こちらは425のプラチナモデルでした。

昨年販売した個体です。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

1 2 3 582