BLOG

アーカイブスの事 続き

先日ブログで紹介したパテックの4月からの新しいアーカイブスに関するルールの件では、ぼちぼちコレクターの間でもInstagram上で話題になり始めてます。

過去にブログでも何度か取り上げてきましたが、パテックのアーカイブスのセクションは従来より1人の女性が発行の業務に携わってきました。

昨今のパテックのビンテージのみならずセコンドマーケットの拡大によりアーカイブスの発行枚数が増大しており、1人で対応するのに困難が生じていることは容易に想像できます。

本来であれば、このような事態にはスタッフの人数を増やすことで対応すべきで、その際に増えた費用は、初めて申請者に負担をお願いするという流れになるべきではないでしょうか。

にもかかわらず、今回は従来のサービスを低下させ、加えて費用も申請者に負担させるというメーカーとしてはとても考えられないような時代に逆行した決定を行いました。

アーカイブスがあることが、(その内容の良し悪しは別として)パテックフィリップのセコンドマーケットの流通しやすさを高めたことは間違いのない事実だと思います。だからこそ他メーカーも追随して同様のサービスを始めたわけです。

今回の決定の最大の問題点は、料金のアップよりも、1. 1989年以降に販売された時計のアーカイブスの発行を行わない事 と 2. 過去5年に遡っての再発行を行わないという2点です。

1989年以降でノーチラスや3970、5004等は様々なダイヤルのバリエーションが存在しています。今後それらの特殊なダイヤルがアーカイブスで担保されないとなると、予想される事は:

1.アーカイブスのある物と無い物の価格差が大きく生じる

2.アーカイブスの無いものは敬遠され、ひいてはマーケットの暴落を招く

3.パテックフィリップのセコンドマーケットがシュリンクし、現行品の販売にも影響する

4.ビンテージもアーカイブス有る無しで価格差が生じ、その事から上記と同じように市場の流通量が減る

等々です。もしかしたらフェイクのアーカイブスも出てくるかもしれません。

本来なら、メーカーとしてやるべき事はアーカイブスの発行に際し、今までのようなやや良い加減であったポリシーを改め、人数を増やし、料金を上げても厳密化や内容の充実化を図るべきではないでしょうか。

今回の決定が実際に運用されていく中でどのような展開になるかは不透明ですが、将来的にパテックフィリップのブランド力の低下とマーケットの流通量の低下を招かないか危惧しております。

Comment

  1. CYG | 

    現状で89年以降のもののダイアルに関するアーカイブの記述はしっかりしているのでしょうか。ヴィンテージでもnot mentionedのがありますが...新しいものではパテックにあるアーカイブ本体の信頼性に問題があり、それを誤魔化そうとしてるとか。そのくらいしか理由が思いつかないです。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    私が知ってるのは3796/3800/3940/3970/5004等ですが、それらのアーカイブスは割としっかりしてます。このあたりはもうコンピューターで管理され始めてるでしょうから管理そのものは割と楽なんじゃないかなと思います。
    いずれにしても発行する数を大幅に減らしたいというのは間違いないと思います。

  3. 130欲しい | 

    ジェンタのデザインで活況を示すマーケットに危機感をスターン家は持っていて、このままでいくとAPのようになってしまう。
    長期的に見た場合の判断でしょうか?
    今回ロレックスがオイスターパーペチュアルに力を注いでブランド本流の基礎を固めた様な動きが?

  4. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。

    私の印象として、すでにブランドとしては確立されていて、基本的には現行品が正規店経由で売れれば良いと考えているため、セコンドマーケットには興味がないのではないでしょうか。
    アーカイブスセクションは利益を生み出すセクションではなく、そのセクションを充実してセコンドマーケットの流通性を上げていく事ような事は考えてないのだと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP