BLOG

スティールバックル

左が40年代後期のスティールバックルで右が50年代後期の物。

PPCoの刻印はありませんが、いずれもパテックに付属していたのでオリジナルと思われます。

スティールのバックルは時を経ると残っているものが少なく、当時の物に出会う機会がほとんどないためとても今では貴重なパーツの一つとなっております。

Comment

  1. こうじ | 

    当時のスティールの尾錠は、現存数は少ないんでしょうね。87年の3923のスティールの尾錠ですが、バネ棒が40年のと同じ様にかなり太いしっかりした物でした。バネ棒1本にもしっかりした作り込みを感じた事でした。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    当時のSSバックルはYG等と較べると本当に少ないと思います。やはり素材がスティールだったからと言うのが理由だと思います。
    たしかに80年代の物もバネ棒つく棒いずれもしっかりした造りだと思います(^^)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP