EN JP

BLOG - 2020年1月

96Book

今日は少し時間があったので96本の構想を練ってました。

手元にある物と国内で販売した物で今のところ41本、海外に販売してしまって撮影が難しそうなのが14本、なんとか50本は集めたいのですが……。

この表を見ると圧倒的にイエローとスティールのバリエーションが多い事がよく分かります。

上の表以外に「こんなのがあるよ」って方がいらっしゃったら是非ご連絡くださいませ。

江ノ島と富士山

稲村ヶ崎から見た江ノ島と富士山🗻

快晴でした。

風も弱く、ラン日和でした🏃‍♂️

明日は更に暖かくなるみたいです🙂

570スティールケースのマーク

570のスティールケースにホールマーク的な物が入っていることがあります。

年代は40年の後期でメーカーはBernard Dubois & Cieの物のみのようですが、全てに入っているわけではなさそうです。

仕向け地の国のマークなのかちょっと不明です。

数字っぽいですが、なんとも言えません。

スティール本を見ても数本だけ同じようなマークが見られますが、いずれも570で同じメーカーのようです。。

オンシジウム

栽培している洋蘭の一つ、オンシジウムがようやく開花しました😊

去年と一昨年は12月中旬には開花してたので、約1ヶ月遅れです。

今年は少し栄養が不足していたかなぁ。

来期はこの経験を活かさないとです。

3445ホワイト

今日は3445ホワイトのご紹介。

使用感はありますがケースはノンポリッシュでダイヤルは経年変化でアイボリー色です。

実用性の高い自動巻きモデルです。

帰国しました

ほぼ定刻通り帰国しました。

帰りは羽田です。

鎌倉までは途中大船までバスで行けるので比較的楽です。

マイアミでのショーには日本人で買い付けに来ているのは私ともう一社だけでした。

正月のアンティークショーと少し間隔があった事もあるのでしょうかね。

もう一社の方はそのアンティークショーも行かれたそうで、かなり長くいられたようです。

少しお話ししたのですが、今回でリタイアされると言われてました。4月のニューヨークはもしかしたらいらっしゃるかもとの事。

日本のこの業界のパイオニアの方ですし、ショーではいつもお会いしていたので少し寂しくなります。

画像は内容とは全く関係ないのですが、港で見かけたヒメコンドル。

大きな鳥が沢山いるなと思って見てたらコンドルっぽかったので「おー、コンドルだー」と思って何枚も撮った中の一枚です。

ずっと見てたら数羽でゴミを漁ってたりして、なんとなくゲンナリ。

あとでググって見たらヒメコンドルらしくて、北米には割と多いみたいです。

明日からまた日常に戻ります🙂

マイアミ最終日

今日はもう一回ショーに顔を出して一本ゲット。

今回は大物は570のスティールの12SC。

こちらはすみません、また非売品です😅

ケースもダイヤルもアンタッチなんです。

もう一本はまたそのうちに紹介します。

明日は朝のフライトでマイアミを発ち、ニューヨーク経由で帰ります✈️

続マイアミ3日目

こちらは日曜の夜です。

日曜の夜はダウンタウンでは多くのレストランがクローズなのでマイアミに住んでる奴に教えてもらって、彼のお勧めの少し離れたタイレストランに行って来ました。

予約が出来ないから並んで待つしかないよと言われたので、早め(6時)に着いたのですが、なんと1時間待ちとの事😣

店の前は入店を待つ人でいっぱい。

でも外でも飲み物は頼めるので、何となく立食のパーティー気分で(待つ事が)それほど苦痛ではありませんでした。

結局1時間弱位待ってようやく中に案内されました。

案内された席はカウンターだったので、厨房が目の前でしたから、ずっと観察しながら食べましたが、まず一番驚いたのは、厨房内は4人いて全てが女性でした。そしてサービスしているのは全て男性。

個人的にはレストランのシェフはどちらかというと男性の世界だと認識していたのですが、同行の奴が東南アジアの事情に詳しいので聞いてみたら、タイではシェフは女性が多いそうです。

日本でも女性のシェフは増えて来ているでしょうが、やっぱりまだ男性が多いですよね。

文化が違うんだなぁと再認識しました。

味の方はきわめて普通でした😐

マイアミ3日目

今日はいつものショーです。

なんかいつものマイアミのショーよりかなり低調な感じ。

いつもならほぼ同時期にアンティークショーがあるのですが、今回はずれたからかな。

1本だけ気になる時計があるのですが、もし明日まで残ってたら値切って買うかな😏