BLOG

2499ブラック

先月ブログで取り上げた2499のブラックですが。。

どうやらかなり昔に二度オークションで販売されたことがあるようです。

しかも当時はブレス一体型でシルバーダイヤルだったようです。

その時計が今回ブレスが外れてラグ付となりブラックダイヤルとなって出品されたことになります。

それはそれで別に良いのですが、問題はアーカイブスです。

アーカイブスは2枚あり、二枚目のアーカイブスによるとダイヤルは後年に交換されたと記載されているのですが、ストラップの項目がブレスではなくレザーと記載されています。

そう言えば少し前に業者の間で、ある2499のアーカイブスに関連して話題が出たことがあったことを思い出しました。

確か当時のオーナーがかなりのセレブだったかなんかで、そのセレブオーナーの希望に応じてアーカイブスの内容の書き換えた云々の話だったような。。。この時計のアーカイブスの一枚目にはSpecial dialと記載されているのですが、それがその曰く付きのアーカイブスで、Specialってなんか妥協した結果の記載だし、正しくないでしょうと言うことで、二枚目が最近発行され、結果ダイヤルについては「ブラックダイヤルは後年に交換された」と記載されて再発行されたわけです。

画像はそのアーカイブスですが、上が一枚目で2000年に発行されたもの。下が二枚目でつい最近発行されたものです。

でもそうなるとブレス一体型からラグ付に交換された事についての言及が記載されていないのですが。。。

あくまで推測ですが。。。

一枚目を発行したときにそのセレブの申請者の要望に応じてダイヤルについて曖昧な記載をし、且つブレス一体型からレザーストラップへの書き換えを行い、二枚目の再発行の時にダイヤルの問題だけがクローズアップされた為にダイヤルだけ記載を改め直し、ストラップの項目については「訂正し忘れた」のではないでしょうか。。

以前よりお話ししておりますが、アーカイブスのセクションは昔から1人だけで運営しております。

毎日毎日かなりの量の申請をこなしているでしょうから、たびたび間違えが発生するわけです。特に昔の時計のアーカイブは全て手書きで保管されているわけで、昔の人が書き間違いをした可能性もありえますよね。

いずれにしても現在のビンテージパテックはアーカイブスの有無やマッチングが不可欠となっております。

もちろんアーカイブスの存在はパテックの信頼性や価値の確立に多大な貢献を果たしたことは言うまでもありません。

とはいえ、ここまで高額な物の価値がアーカイブスの内容次第で大きく違ってしまうと言うことをPPも再認識していただき、アーカイブスセクションの充実化と記載内容についてのポリシーを徹底をしていただきたいと強く願うわけでありますし、また、オークション会社の人は特に今回のような高額品の場合は事前の十分な調査と正確な情報の提供が絶対条件となる、と考えるわけです。

※ちなみに、画像の一枚目のDate of saleの横のサインはそのセレブのサインです。

Comment

  1. こうじ | 

    私自身時計は大好きですがコレクターではなく、パテックをコレクションするだけの財源もありません。純粋にこの時計が何年前に作られ、何処の国や方面に出荷されたか等は興味はあります。当時の販売機価格等が分かるといろいろ想像し楽しくなったりします。ですから、本来のありのままがいいんですね。アーカイブスは改ざんがあっては意味がないですね。売買目的でなく本来の戸籍、変更すれば、ちゃんと記載するアーカイブスになって欲しいですね。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通りだと思います。アーカイブスの内容が必要以上に時計の市場価値を左右する傾向がこのような事態を生んだのだと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP