EN JP
BLOG

帰国者 陽性 隔離

隔離生活3日目。だいぶ回復して来ました。

発熱は治まり、関節痛もほぼ無し。まだ咽頭痛と咳が残っています。処方してもらったヴィックスのトローチが案外効果ある感じ。

さて、今日はジュネーブを発つ日から羽田で陽性が確定してホテルに入るまでの道のりを書いてみます。

発つ日の夜中に鼻詰まりの症状があり、喉も少しひりっとした感じがあったので嫌な予感がありましたが、起床後普通に朝食を食べ、同業者達への別れの挨拶等も兼ねてSotheby’s のオークションに行きました。

フライトは15時過ぎだったので、昼前にはホテルに戻り荷造りしチェックアウトして空港に向かいます。その時点で少し身体もヒリヒリしだして(つまり関節痛です)、これはかなりヤバいなという実感がありました。

チェックインカウンターでMYSOSの体調管理の入力が済んでいるかと聞かれて、まだですと答えたら、入力しないと発券出来ないと言われました。これは昨日ブログで書いたようにMYSOSアプリの新しい機能で、この時点では私も把握してませんでしたが、その場で入力し無事発券してもらいました。

余談ですが、11月にジュネーブに来たときにやはり帰りのフライトでお姉さんに「ミソスのレジスターは済んでいるか」と聞かれ「はぁ?、ああマイエスオーエスね」と返しました。お姉さんは知らなかったみたいで「おー」とか言って感心してました。ミソスって読めないことも無いけどね😅

余談でした。

話は戻って、フライトのチェックインの時点ですでにヤバいなという認識はありましたが、もしかしたら単に風邪かもしれないし、ここで微妙な症状を告知してジュネーブに残るという選択肢はありませんでした。無事発券も済んでセキュリティも通ってラウンジに入りましたが、かなり関節痛も出て来たので恐らく発熱もあったと思います。

15時にロンドン行きのBA(British Airways)の飛行機に搭乗。2時間弱のフライトでなんとかロンドンのヒースローに到着。

ヒースローではふらふらになりながら5番から3番ターミナルへと移動し、セキュリティをクリアしてラウンジに到着。

まずはシャワーを浴びて着替えて長椅子に横になって19時過ぎのフライトまで休息。

搭乗後、CAさんに時差ぼけで辛いので寝ますから、食事は食べたい時にこちらから呼ぶので起こさないでくださいねと伝えたのですが、すぐにお腹が空いて来て早々に食事をいただきました。体調は悪いのですが食欲だけはあります。

途中1本だけ映画を観てあとはひたすら横になってました。

航路は順調でほぼ予定通り11日の17時15分頃羽田に到着しました。

検疫ではMYSOSのグリーンのページを提示し順調に進んで、最後の抗原検査です。

抗原検査は40分程度で結果が出るのですが、大勢の帰国者及び入国者が結果を待っています。

電光掲示板に各人に割り当てられた4桁の番号が表示されれば陰性で、イミグレーションに進むことが出来ます。

私も、もしかしたらただの風邪で、陰性の可能性もあるかもと淡い期待をしながら結果を待ちます。徐々に私の番号近づき。。。。

やがて私の番号は表示されず私以降の番号が表示され始めました。

やっぱりダメかと落胆し、徐々に私の番号から20位先の番号も表示されだし、そろそろどうしたら良いのか聞きに行くべきかなと思案していたところ、アナウンスで私の番号が呼び出されました。

そこで「陽性でした」と伝えられ、検疫の女性に連れられて帰国者が待っている場所から少し離れたパーテイションで分けられた場所でお待ちくださいと告げられます。そこには1名の男性がすでに待機していました。

やがて、マスクと防御グラスをかけた女性が来て、いくつか質問をされます。

この間、他にも3名程度の検疫の女性と接しましたが、皆笑顔で優しくて、とても好感がもてました。陽性者の気持ちを汲んで、皆でこういう風に対応しようみたいな共通の行動指針があるみたいな感じ。日々自分達も感染するリスクを抱えながらの業務だと思いますが改めて感謝の気持ちがわきました。

さて、ホテルが品川Pホテルに決まり、バスで移動します。このバスが座席がビニールでカバーされて厳重な対応、「どんだけ〜」って感じです。

ホテルに到着するとまた完全防護の方(女性です)からいくつか説明を受けます。

その際、コインランドリーの有無とかこちらから荷物を発送出来るか等の質問をしてみると、この女性の対応は空港の検疫の女性達とは打って変わって、「ランドリーの使用は出来ず、またこちらから荷物の発送は出来ません」とまるで「貴方は自分の置かれている立場を理解しているんですか」的な対応でした。

今日はこの対応の違いを書きたかったんでここまで長くなりました😅

Comment

  1. 130欲しい | 2022/05/14

    やはり態度の違いはアレンジしている部署の違いですね、最初の対応したのは検疫官か検疫で働いている派遣社員(看護師)ホテルはアルバイトの看護師ではないでしょうか、現在療養施設では本業の方が暇になってしまった多くの看護師が派遣されて従事しています、こちらは病院の看板が無いため優良入院施設での対応はかなり運が必要です。
    現代の医療従事者の一皮むいてプライベートの素顔を見てしまうと病院に行くのが本当に恐ろしく思えるのです。
    お互い人間ですから仕方がのですが。。。

  2. Fluctuat nec mergitur | 2022/05/14

    隔離お疲れ様でございます。 Genève のBA職員は真面目ですね。 悪名高いCDGのAFはオンラインチェックインしたスマホ画面見せると、預け荷物無かったらそのままpassport control に進んで!とMYSOSはおろか陰性証明の確認もなーんも無し素通り。 日本入国出来ずに送り返しなんてなったらどうするんでしょうね。
    居残りの選択は無いですが、軽症でも長いフライトは辛いですよね。
    誠にお疲れ様でございました。

  3. onbehalf | 2022/05/15

    130さま、
    コメントありがとうございます。
    なるほどそうかもしれませんね。それにしても空港の女性達はとても感じが良かったです(^.^)

  4. onbehalf | 2022/05/15

    Fluctuat nec mergiturさま、
    コメントありがとうございます。
    ちなみにCDGから日本へはもちろんロシア上空は飛ばないですよね? 結構時間掛かりましたか?

  5. Fluctuat nec mergitur | 2022/05/15

    大分とご快復の様でご同慶の至りです。
    AFは往復とも南回りで往路16時間‼️復路13時間です。
    風次第で実際の所要時間は変わる様ですし結構揺れます。
    往路は北回りの方が良いと思います。
    まだ成田週5だけで9割方ニューカレ在住仏人乗換客という乙なフライトです。至便の羽田夜行の復活が望まれます。
    往路も3回接種証明あればPCR陰性証明不要(EUはどこでも?)
    仏国内今週から公共交通含めマスク全廃となり、ひょっとしてフライトもかもしれませんが、それはまだちょっと引きますね。。。

  6. onbehalf | 2022/05/16

    Fluctuat nec mergiturさま、
    コメントありがとうございます。
    スイスは接種証明書も不要でしたし、もちろんマスクも不要です。
    完全にコロナ以前の生活に戻っていました。
    イギリスも同様だったんじゃないでしょうか。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/07/23 ref.2481
  2. 2024/07/22 旧華頂宮邸
  3. 2024/07/21 ref.570
  4. 2024/07/20 サボテン
  5. 2024/07/19 ref.2508

Category

Archives