EN JP
BLOG

Early Calatrava

数日前にブログで紹介したいわゆる96の祖先のデザインを完全に踏襲したref.96です。。

IMG_0802

こちらはアーカイブスが未着ですが、恐らく1940年の製造。。。

フラットなインデックスにリーフハンド。。。

ref.96の典型的なデザインである砲弾型のインデックスにドルフィンハンドのタイプはもう少し後年から良く見られるデザインで30年代後半から40年初期と言うのは、イエローはむしろセクターだったり、ブラックダイヤルだったりして、案外このタイプのシンプルなデザインの物はそれほど目にする機会は多くは無いんです。。

でもスティールケースになると40年代を通してこのタイプのデザインの物が圧倒的に多いんです。。

もしかしたらスティールで砲弾型インデックスを成形するのが、少し難点があったのかもしれませんな。。

だから砲弾型のスティール96は有ってもインデックスがゴールドの物が多いのかもしれません。。。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/07/23 ref.2481
  2. 2024/07/22 旧華頂宮邸
  3. 2024/07/21 ref.570
  4. 2024/07/20 サボテン
  5. 2024/07/19 ref.2508

Category

Archives