BLOG

ref.555

新着時計の紹介です。

極めて珍しいref.555のイエロー、ブラックダイヤルです。

小さい時計ですが、ラグが特徴的で加えてミラーのブラックダイヤルがとてもインパクトがあります。

色々調べているところですが、ref.555は30年代の後期に数年間しか製造されず、実際に販売された個数も極めて少なかったのではないでしょうか。

サイドにはフレンチホールマークが入りますので、フランスで販売されたと思われます。

なかなかの逸品です^ – ^

Comment

  1. こうじ | 

    30年代にこの風貌ですか。アクリルガラスが魅力的ですね。50年代、アメリカ等で角金の時計が流行ったと聞いた事あります。また、アメリカは赤金を好んだみたいですね。とにかくインパクト大ですね。

  2. こうじ | 

    よーく見ていると、このラグはインパクト大ですね。発想と言うかデザインがとても30年代とは思えない斬新ですね。

  3. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    ラグ横に小さな穴が空いており、金属の細い棒を貫通させています。
    恐らく強度上の問題ではないかと推測しています。
    この形状の時計はわずか数年で販売ストップしたようですが強度上問題があったのかもしれません。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

時計Begin

時計Beginさんの最新号(明日発売かな)にちょっとだけ画像を提供しています。

スティールの時計のネタです。

本当に小さいネタなので見つけるのは困難ですσ^_^;

Comment

  1. こうじ | 

    STAIBRITEの材質かパテック・フィリップにも使われていたんですね。知りませんでした。自分が持っているインターナショナルの50年後半、60年代の85系の時計⌚にも使われています。確かに、裏側は銀色で鈍く仕上がっている感じがします。

  2. onbehalf | 

    いつもコメントありがとうございます。
    とても魅力のある素材だと思います(^^)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

2499ブラック

先月ブログで取り上げた2499のブラックですが。。

どうやらかなり昔に二度オークションで販売されたことがあるようです。

しかも当時はブレス一体型でシルバーダイヤルだったようです。

その時計が今回ブレスが外れてラグ付となりブラックダイヤルとなって出品されたことになります。

それはそれで別に良いのですが、問題はアーカイブスです。

アーカイブスは2枚あり、二枚目のアーカイブスによるとダイヤルは後年に交換されたと記載されているのですが、ストラップの項目がブレスではなくレザーと記載されています。

そう言えば少し前に業者の間で、ある2499のアーカイブスに関連して話題が出たことがあったことを思い出しました。

確か当時のオーナーがかなりのセレブだったかなんかで、そのセレブオーナーの希望に応じてアーカイブスの内容の書き換えた云々の話だったような。。。この時計のアーカイブスの一枚目にはSpecial dialと記載されているのですが、それがその曰く付きのアーカイブスで、Specialってなんか妥協した結果の記載だし、正しくないでしょうと言うことで、二枚目が最近発行され、結果ダイヤルについては「ブラックダイヤルは後年に交換された」と記載されて再発行されたわけです。

画像はそのアーカイブスですが、上が一枚目で2000年に発行されたもの。下が二枚目でつい最近発行されたものです。

でもそうなるとブレス一体型からラグ付に交換された事についての言及が記載されていないのですが。。。

あくまで推測ですが。。。

一枚目を発行したときにそのセレブの申請者の要望に応じてダイヤルについて曖昧な記載をし、且つブレス一体型からレザーストラップへの書き換えを行い、二枚目の再発行の時にダイヤルの問題だけがクローズアップされた為にダイヤルだけ記載を改め直し、ストラップの項目については「訂正し忘れた」のではないでしょうか。。

以前よりお話ししておりますが、アーカイブスのセクションは昔から1人だけで運営しております。

毎日毎日かなりの量の申請をこなしているでしょうから、たびたび間違えが発生するわけです。特に昔の時計のアーカイブは全て手書きで保管されているわけで、昔の人が書き間違いをした可能性もありえますよね。

いずれにしても現在のビンテージパテックはアーカイブスの有無やマッチングが不可欠となっております。

もちろんアーカイブスの存在はパテックの信頼性や価値の確立に多大な貢献を果たしたことは言うまでもありません。

とはいえ、ここまで高額な物の価値がアーカイブスの内容次第で大きく違ってしまうと言うことをPPも再認識していただき、アーカイブスセクションの充実化と記載内容についてのポリシーを徹底をしていただきたいと強く願うわけでありますし、また、オークション会社の人は特に今回のような高額品の場合は事前の十分な調査と正確な情報の提供が絶対条件となる、と考えるわけです。

※ちなみに、画像の一枚目のDate of saleの横のサインはそのセレブのサインです。

Comment

  1. こうじ | 

    私自身時計は大好きですがコレクターではなく、パテックをコレクションするだけの財源もありません。純粋にこの時計が何年前に作られ、何処の国や方面に出荷されたか等は興味はあります。当時の販売機価格等が分かるといろいろ想像し楽しくなったりします。ですから、本来のありのままがいいんですね。アーカイブスは改ざんがあっては意味がないですね。売買目的でなく本来の戸籍、変更すれば、ちゃんと記載するアーカイブスになって欲しいですね。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通りだと思います。アーカイブスの内容が必要以上に時計の市場価値を左右する傾向がこのような事態を生んだのだと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

2457

2457スティールの裏蓋の刻印です。

1955年に販売された個体。

REF.96の下に2457がナンバリングされています。

2457はref.96の27SCを搭載した後継モデルで、元々96用に造られたケースを転用したため96の刻印が入るとされています。

数字のフォントは下のケースナンバーも全て一緒ですのでパテックに納品前にスタンプされたと思われます。

2457は96と裏蓋の形状が異なり明らかに27SCを意識して新たに造られたケースであることは言うまでもありません。

推測すると元々27SCに切り替わった1950年に当初はref.96で行く予定であったところ、何らかの理由で別途リファレンスを取り直して新しいモデルとして販売されたのだと思われます。

従って、96用として製造されたケースの転用というよりは販売前にリファレンスを変更したというのが筋なのではないかなと思います。

ん、用は一緒の事だよねって言われるとそうかもしれませんが、ちょっとニュアンスが違うんだよな。

転用ではなくて計画変更ってイメージです。

Comment

  1. こうじ | 

    なかなか時計⌚の裏部を見れる事少ないです。金側ならホールマークやケース番号でおおよその製造された年などいろいろ分かりますね。一つ教えてください。30年近く前、パテックの金側の裏部の、真ん中位にポンチで7~8ミリ位、丸く打ち込まれた時計を見た記憶があります。今までに何個かは見たと思います。オーバーホールの目印とかではないと思いますが?金ですから、はっきり打ち込まれていますから、何か意味あるかな?と思います

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    ホールマーク(女性の横顔)の事ではないでしょうか?
    オーバーホールした時に日付やサインをマジックや細く手書きで掘り込むというのはありますが、刻印を押すというのは無いと思います。
    よろしくお願いします。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.605 プラチナ

エレガントなプラチナの懐中時計ref.605の紹介です。

とても状態が良くて、ダイヤモンドインデックスと細くて長いリーフハンドが上品な印象を与えます。

バックは50年代のカタログで605ではありませんが、ほぼ同じようなデザインなので背景として採用してみました(^^)

Comment

  1. こうじ | 

    昔、アンティークと言えば懐中時計のイメージだった様ですが、パテックの懐中時計でプラチナで、ダイヤモンドインデックス、かなら高価だったんでしょうね。さすが
    パテックですね、嫌味なくすっきりしたデザインはやはり別格ですね。どんな高貴な方が持っていたんでしょう?

  2. onbehalf | 

    いつもコメントありがとうございます。
    この時計は国内の方が持っていらしたようです。
    当時は本当に高額だったことが推測されます

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

陸上 日本選手権

昨日は陸上の日本選手権の長距離種目の放映に目が釘付けとなりました!

特に女子5千メートルと同じく女子1万メートルはすごかったです。

5千メートルの田中さんの最後のスパートは素晴らしかったし、1万メートルの新谷さんの独走もすごかった!

画像はネット上から拝借した5千メートルで優勝した田中さんのゴールの瞬間です。

東京オリンピックが本当に開催されるかどうか分かりませんし、この5千、1万辺りはアフリカ勢が異常に強いのでなかなか難しいかもしれませんが、上位入賞や、もしかしたらメダルも期待できるかも…。

レベルはかなり違いますが、私自身は両膝を痛めてここ数週間は我慢してランはせずにウォーキングにとどめております。

昨日の放映を観て早く完治してまた大会に出てみたいなと思いを新たにしました。

Comment

  1. CYG | 

    トップレベルの人たちのタイムは
    とても同じ人間とは思えませんね。
    当方は昨日トレイルランをノロノロと15キロやって
    今日は体中が痛いです。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    はい、とても考えられないです。
    100メートル位までならなんとか着いていけるかって感じですね(^^;;

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

3710

3710の付属品完品です。

国内正規品で小傷は有りますが、ノンポリッシュです。

個人的には大型のノーチラスの中では一番好きなモデルです🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ふと

50年代のカタログを見ていたのですが……

このリファレンスはいまだに現物を見た事が無いなと。。

フロリダの業者さんのサイトに長いこと売れずに残っているようですが。。

こんな時計の白系とかあったら魅力あるなぁとか思います。

ピンクでも良いなとか思って調べてみたら、何年か前のジュネーブでピンクが出てたみたいです。

ということは見てるはずですな😅

多分当時は全く興味が無かったんでしょうね。

 

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

師走

いよいよ師走となりました。

弊社は11月決算なので新しい期のスタートです。

法人化して早くも14期目となります。最初の2年は個人事業主だったので事業を始めて16年目。。

感覚的にはあっという間ですが、15年も経過したのかと思うと感慨深いものがあります。それにしても始めた頃は結構若かったんだなぁと改めて思います。知らない事も沢山あったし。。

30代になりたての頃かな、当時のテニス仲間に「時計屋をやりたい」って言ってたんですよね。当時は全然具体的なイメージがあったわけではなくて、冗談まじりだったと思います。何しろまだ定年まで勤め上げるのが当たり前の時代でしたから、会社を辞めて自分で何かを始めるなんて思いもしませんでした。

それが本当にやる事になってしまって……

でも若い時にそう(時計屋をやりたいと)言っていた事は、後になってそのテニス仲間に言われて思い出したんですよね。

そういえばそんなこと言ってたなって……。

だからこの仕事が夢だったわけではなくて、「なんか自分で始めたいな、と言うか、始めなきゃな」って思って、それだったらビンテージパテックだったら好きなことだし良いかもなって。

そんな感じです。

今やこの仕事は日々の生活の大半を占めるようになりました。

時間があればググったり調べ物したり……。

次から次へと興味が広がります。

今は30年代の古い時計や変わったデザインのパテックに興味がありますが、数年したらまた違う時代に興味が移っているかもしれません。

この好奇心が続く限りはこの仕事を続けていけるかなって思っています。

Comment

  1. こうじ | 

    16年目、お疲れ様です。アンティーク時計⌚専門店で16年も続けること大変な事と思います。アンティークパテック・フィリップですから、仕入れ金額等も苦労された事と思います。頑張って下さいね。

  2. onbehalf | 

    こうじ様、
    いつもコメントありがとうございます。
    引き続きよろしくお願いします。

  3. Zepo Yang | 

    Congratulations John! What a journey it has been!

  4. onbehalf | 

    Thanks Zepo

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

438と448

上が先日紹介した448で下が438です。

448はスナップバックで438はスクリューバック。

両者のダイヤルは似てますが448はミニットラックが異なる仕上げでツートーンなのに対して438はフラットで全体がワントーン。

ロゴはもちろんショートとロングの差がありますね🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP