BLOG

海棠の花

今年も妙本寺の海棠がほぼ満開となりました。

海棠は普通はソメイヨシノの後に咲くのですが、今年は同時期に咲いています。

境内にはソメイヨシノもあるのでなかなか見事です。

さて、話は変わって。。

昼前にテレビを点けたら、オリンピックの聖火の点火式をやっていました。

私はスポーツ観戦が大好きで、特にオリンピックや世界陸上等は欠かさず観ているのですが、さすがに今回の東京オリンピックはやるのは無理なんじゃないかなと思って、どちらかというとマイナスのイメージを持っていました。

それが、たまた点火式を観たら「あれ、なんかワクワクして来たぞ」と。。

本当に出来るかどうか分かりませんが、少し前向きに応援してみたくなりました。

それにしても聖火ランナーのユニフォームは特にパンツの丈が合っていなくてシルエットもダボダボでカッコ悪いなぁ😕

もしかして最近流行りのストリート系のファッションをイメージしてるのかなぁ。

あくまで個人的な感想ですので悪しからず。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

古賀稔彦

平成の三四郎、古賀稔彦が53歳で亡くなりました。

テレビのニュースで観て絶句しました。

あんなに強い人だったのに。。。

素晴らしい柔道家でした。

私よりも年下でしたが、男らしくてカッコいい人だなと思ってました。

ご冥福お祈りいたします。

画像はネットから拝借しました。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

新着時計 part4

今日は新着の紹介。

いわゆる定番、イエローの96です。

12-400搭載の個体です。

ダイヤルが経年でうっすらとアイボリー色になり全体的に同じようなトーンでなんともいえない雰囲気があります🙂

Comment

  1. こうじ | 

    パテック・フィリップを基本的な⌚時計ですよね❗落ち着きがあって言うなあって思います。小粒でもしっかり主張していますね

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    はい、一番ベーシックな時計です。
    私が初めて買ったパテックも同じような50年代の96だったと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

当時の価格

先日の3466のブログでコメントをいただきましたのでちょっと当時の参考資料を紹介します。

これは1967年のカタログの価格表です。

ご覧の通り3466は1,310スイスフランで、3417は1,050フラン、一方ゴールド系では3445はイエローが2,300フランでホワイトが2,480フランでした。

おおよそスティールはゴールドの半額といったイメージです。

ご参考になればと思います🙂

Comment

  1. CYG | 

    またもや3466が都内の他店で販売...
    不思議だ。
    シンクロニシティ?

  2. こうじ | 

    ありがとうございます非常に参考になります。大半がゴールドかプラチナですから今となるとステンレスは数が少ないですから、人気も上がりますね。

  3. onbehalf | 

    CYGさま、
    コメントありがとうございます。
    あれ、そうでしたか。
    ググってみますね。

  4. onbehalf | 

    こうじさま、
    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り、スティールの物はリファレンスも少ないですし、個体数も少ないですから、どうしても価格は上がり気味になりますね。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

1593の風防

1593の風防が本来はどうなのか。。

ダイヤルのセンターにラインがあって上下仕上げが違う個体は間違いなくアワーグラスの風防がついてしかるべきでしょうが、そうでないタイプはアワーグラスでなくてもおかしくはないと思っています。

手元にある昔のカタログを調べてみると…

右上から40年代、50年代、50年中期、60年初期のカタログの画像です。

ご覧の通り、ダイヤモンドインデックスの60年初期の物以外はアワーグラスのようです。一方、ダイヤモンドの物はイラストですが、通常のアールのついた風防のように見えます。

カタログだけでは分からないですが、アワーグラスでない物もあるんじゃないかなぁ😑😑

Comment

  1. こうじ | 

    平成7年の雑誌で、ラフステージさんか、1593のプラチナを販売しているのがあります。アーカイブスはないのですが説明では40年代でノーマル文字盤です。風防は、アワーグラスでなく球面です。販売価格は480万でした。アワーグラスでない球面風防は私はあると思います。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    ラフステージさんとはなんとも懐かしいお名前です(^^)
    1593の風防についてはもう少し調べてみますね。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

新着時計 part3

今日も新着時計の紹介。

ローズゴールドのref.3433です。

過去に1本だけ販売したことがあるのですが、実はref.3433のローズはとても珍しいんです。

私の知る限りでは今のところ5~6本程度しか市場に出てきておりません。

販売されたのはせいぜい30~50本程度ではないでしょうか。。

今回の個体は状態もとても良いです(^^)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

新着時計 part2

ref.3466のトロピカルダイヤルです。

ケースは極めてシャープで恐らくノンポリッシュ。

製造は1966年でプリントバージョンです。

スティールで自動巻の実用性の高いモデルです(^^)

Comment

  1. こうじ | 

    60年~70年にかけてパテックの自動巻き27ー460のステンレスモデルは3466のみですよね。ゴールドは何種類もあってカレンダーモデルもありますよね。当時の3466の販売価格はどうだったんかな?ゴールドモデルと比較して、いろいろ考えてしまします。現実的にはかなりステンレスモデルは少ないんですよね。確かに、ステンレスですから実用的で、トロピカル文字盤、味わいありますよね。ずっと前にオリジナルと思われるステンレスベルトがついていたモデルを雑誌で見た記憶があります。シンプルイズベストですね

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    1966年のカタログがあり、そこに価格表があるので3466の価格を見てみますね。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

新着時計

とても状態の良いref.1593イエローが入荷しました。

ケースはノンポリッシュでダイヤルはパーフェクトです!

前回販売した1593も良かったですが、この個体もかなり良いです。

甲乙つけがたい感じ。

普通1593ってそうそう良いものに出会えないですからね。

これが普通ではない事ご理解ください。

尚、風防はアワーグラスにはなっておりませんが、ケースと面がピッタリです。1593の全ての風防がアワーグラスではないと理解しており、今回の個体の風防はオリジナルではないかと考えています。

Comment

  1. こうじ | 

    反り返ったケースデザイン。その時代にしては斬新ですよね。角形時計は、どうしてもガラスの角から水や水滴が入りやすいから、本来綺麗な文字盤が存在しないのではないかな?って思います。パテックの時計ですからほとんど使われていないか、特別な時だけの時計だろうと思います。見事な位完璧ですね。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    前回のGUBELINが手元にまだあったので較べてみましたが、こちらの方が状態が良かったです。
    あまり使用されていないのかもしれません。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ランニング

最近膝の調子がだいぶ良くなってきたので、来年辺りまたフルに出てみようかと思って、トレーニングし始めています。

焦らずまずはLSDをしっかりやって遅筋を鍛えようと思っています。

以前は早く走るトレーニングばかりやってたのですが、今回は時間もあるし、膝をまた傷めないようにゆっくりやろうと思っています。

季節も良くなってきましたからね、汗を流すのは気持ち良いです🙂

画像は東慶寺にあったカタクリの花です。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

トップハットの話

トップハットがシンガポールのお客さんに売れました。

画像はそのお客様のご要望で撮ったダイヤルの画像。

ご覧の通り、ケースとの境の部分が剥げてたり、少し変色は見られますが、アンタッチのオリジナル。

トップハットと言えば、その昔私が23歳の時にピンクの物を買いました。なんと240万でした。もちろんまだ消費税導入前です。

私にとって96に続いて2本目のパテックでした。

最近20代そこそこの中国の若いコレクターがビンテージのパテックを買っています。20代からビンテージパテックを買うなんて、すごいなぁと思ってましたが、考えてみれば当時の私も同じように思われていたかもしれません😅

ただ、当時の私は今の若い中国人と違ってローンで買っていましたし、社会人1〜2年目でしたので日々の生活は汲々としていました😅

今考えてみればよく買ったものだなぁとしみじみ思います。

ちなみに、この時買ったトップハットはアーカイブスは取れず、数年後にアンティコルムさんのオークションに出してしまいました。100万位だったんじゃないかな。

その後何本ものトップハットに出会いましたが、なんとなくあんまり良い思い出はありません。今回は少し時間はかかったけど初めてまぁまぁだったかなぁ。。なによりもお客さんが喜んでくれたのが一番です🙂

 

Comment

  1. こうじ | 

    確かに30年以上前には、トップハット、角形時計は高額でした。通常バナナと言われたパテックはめちゃめちゃ高かったと思います。如何にもアンティーク感が強い時計、センターハンドよりもスモールセコンドモデルが人気があって高かったイメージでしたが、570等は逆転して今は高額になっていますね。私にすると時計自体が高額になりすぎた気がします。本当に時計が好きなのか投資家が投資目的に買いあさって、今や現行品に販売制限を受けるモデルもありますよね。庶民が、少し頑張れば手が届く価格であって欲しいと願うばかりです。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    値上がりを期待して購入するのではなく、自分の好みを信じて買えば、仮に価格が下がっても納得できるのではないでしょうか。
    と必要に応じてお客様にはお話しするようにしています。

  3. こうじ | 

    有難いと思います。社長さんは、本当に時計好きですよね価値観を決めるのは、購入者ですから。この時計⌚のここが魅力的とか、このモデルのここが特徴とかを今後も紹介して下さい。よろしく✌️

  4. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    承知しました。
    こちらこそ引き続きよろしくお願いします

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP