EN JP
BLOG

仕事の事

今週はたまたま昔の会社の友人達や大学の友人達と食事をする機会がありました。

自分の仕事の話になって、一応説明するのですが、時計の市場の事を全く知らない人たちに説明するのは案外難しい物でして。。。

本来は、ビンテージパテックとはどのような物で、どのような市場なのか等々説明すれば良いのでしょうが、時計に全く興味の無い人たちに延々とうんちくを話しても座が白けてしまいますので、分かりやすく説明するには、結局、扱っている時計や、たまたまその日にはめていた時計の金額の話になってしまい。。。

そうなるとどうしても胡散臭い仕事に思われがちです。特に最近トケマッチ等の高額時計のトラブル等もあって、取扱商品が高額時計となると同じような目で見られやすいです。

まぁ、分かる人に分かれば良いのですが、「結局全然理解してもらえないな」となんとなくモヤモヤした気持ちが残ります😟

Comment

  1. CYG | 2024/04/14

    基本的には骨董や美術品と同じという理解をしてもらえれば
    良いと思ってます。
    「鑑定団」の影響でだいぶ説明しやすくなったし。

    なんでそれが良いのかという話はしてもムダですが。

  2. onbehalf | 2024/04/15

    CYGさま、
    骨董や美術の素養がある方であれば良いのですが、なかなか理解してもらうのは容易くないです(^^;

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/06/15 ref.96
  2. 2024/06/14 久しぶりの
  3. 2024/06/13 ref.3479
  4. 2024/06/12 ref.492
  5. 2024/06/11 帰国しました

Category

Archives