EN JP
BLOG

村上春樹

この年になって村上春樹がマイブームになり「風の歌を聴け」「羊をめぐる冒険」「世界の終わり~」「ねじまき鳥クロニクル」「海辺のカフカ」そして今回「1Q84」を読み終え、

今は「騎士団長殺し」を読み始めています。

村上春樹の物語は凡人では思いもつかないような、例えば現代の「不思議のアリスのような世界」って感じでしょうか。読んでいく内にどんどん引き込まれいきます。

ただ、少し疑問もあるんです。

「1Q84」以前の小説は、途中の展開はとても興味深いのですが、終わり方がどうもピンと来ないなぁというか、少し物足りないかなぁと感じました。

それと「1Q84」は一番内容的にもエンディングも個人的にはとてもしっくり来たのですが、物語の途中までの中心人物的な存在だった「ふかえり」や彼女の周りの「戎野先生」の描き方がどうも中途半端だなぁという感がして仕方ありません。彼らはどうしちゃったんだろうって疑問です。

もちろん本当に面白い物語だと思うんですが。。。だからこそまた次の「騎士団長殺し」を読み始めているわけでして。。。

でもあえて細かく描かなかったのでしょうか。。。物語の登場人物の中途半端な描き方は「ねじまき鳥~」でも感じたんですよね。。。

もしかしたら、あえて描かないようにしているのかなとか考えたりして。。。

読んだことの無い人にはなんのことだか分からないかもしれませんね、すみません。

とにかく「騎士団長殺し」読んでみます🫡

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/06/14 久しぶりの
  2. 2024/06/13 ref.3479
  3. 2024/06/12 ref.492
  4. 2024/06/11 帰国しました
  5. 2024/06/10 ニューヨーク6日目🗽

Category

Archives