EN JP
BLOG

平野啓一郎

平野啓一郎さんの「日蝕」と「一月物語」を読んでみました。

同氏のデビュー作でかつ、芥川賞受賞作でもあります。

「マチネの終わりに」でも余りに有名な平野さんですが、今年になって「ある男」を読んだのが初めてで、割と面白かったので、それならば芥川賞受賞作を読んでみるかと思って読んでみたのですが。。。

正直言って何が良いのか全く分からなかった。。。

確かに今の人が書かないような文章ではありますが(とは言ってももう20年以上前の作品ですが。。)。。。

それが良いのかな。。。

調べてみると結構作風が変化しているみたいですね。。。

もう少し他のも読んでみるかな。。。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/02/25 570
  2. 2024/02/24 96の本 続き
  3. 2024/02/23 96の本 続き
  4. 2024/02/22 96の本
  5. 2024/02/21 ref.96 ブラック

Category

Archives