EN JP
BLOG

コロナ 帰国者 陽性

昨晩は喉の痛みに苦しみました。

熱は少し収まって来たので、少しづつですが快方に向かっていると期待しています。

さて、またコロナ関連で入国にまつわる話。。

私はコロナ禍で昨年の11月中旬、今年の3月初旬、そして今回の5月と半年で3回海外に出ましたが、この間日本の入国手続きは大幅に改善されました。

入国に際して、いくつかポイントとなるデータがありますが、それらは:

  1. ワクチン接種証明書
  2. 帰国前72時間以内のPCR陰性の証明書(日本の検疫の指定のフォーム乃至は準ずる物)
  3. 現在の体調についての質問と回答
  4. 誓約書(所定のフォーム)

です。

3月初旬まではこれらは全て帰国時に書面で提出していました(PCRのみメール添付データでもOK)。それが今回は全てこれらのフォームが帰国者管理アプリMYSOS 内

で完結出来るようになりました。上記書類の1/2はアプリ内にアップロードする事(画像データでも可)でOK、3/4はアプリ内の画面で入力出来ます。

ちなみにこのMYSOSですが11月の時点でも存在してましたが、当時はもっぱら帰国後の行動確認アプリとして使われてました。

さて、その上記4つのデータの内容に問題が無ければ、アプリの色が緑色になり、空港の担当者(バイトの子達ですが)にアプリのページを提示するだけで通過できます。ただ、まだ帰国後の住所や連絡先等を記入する書類が残っており、そこに各人4桁の数字が配布され、それが最後の抗原検査の番号になります。でもこの書類と番号管理もアプリ内で完結できうるでしょうから、いずれ帰国したらアプリを見せてあとは抗原検査だけになるのではないでしょうか(その前にコロナ以前に戻るかもしれませんが)。

この改善により、3月は着陸してから約90分かかっていたのが、今回は抗原検査に結果まで約60分と大幅に改善されました。この点は評価はしても良さそうです。

話は戻りますが、海外渡航に際して一番気にかかるのは、帰国前72時間のPCR検査をどこに頼むかです。手順としては検索し、一番信頼が置けそうで、且つ海外旅行者の対応出来そうなところにネットで日時を指定して予約します。72時間以内が土日だと海外はクローズのところもあるので要注意です。また、あまりぎりぎり(つまり帰国前日とか)の日時に設定すると結果が直前まで分からず不安ですし、万が一書類の内容に不備があるかもしれないリスク等を考慮しても、検査の予約は72時間以内の極力早めにする方が良いと思います。ただ、72時間というのは今までのコロナの潜伏期間(5日)を考慮した設定だと思いますが、オミクロンは潜伏期間が3日と短いらしいので、もしかしたら近いうちにアメリカみたいに24時間以内等に変更されるかもしれません。それはそれでなかなかハードルが高そうですが。。。。

続きはまた明日にでも。。。

Comment投稿

お名前 必須
メールアドレス 必須
URL
コメント 必須

Entries

  1. 2024/04/12 為替が。。。
  2. 2024/04/11 ref.570
  3. 2024/04/10 段葛のソメイヨシノ
  4. 2024/04/09 久しぶりに
  5. 2024/04/08 ref.96

Category

Archives