EN JP

BLOG - 2022年9月

425Tiffany

425のティファニーがオーバーホールから戻りました。

ちょうどアーカイブスも届いてバッチリのタイミングです。

状態はとても良いです🙂


※箱はオリジナルではありません。

ベルト

だいぶ前にペランさんに注文したベルトがフランスを出るときにCITES忘れかなんかで現地の税関で止まっています。

従って、現在クロコのベルトがショート気味です。

そこで急遽、いつも当社の時計ポーチをお願いしているAtlier Romaneさんにカーフのグレインタイプのベルトを注文、先日届きました。

色はTaupe、GreyとTanの3色です。

追加で他の素材も注文するつもりです。

TIFFANY & Co.

TIFFANYのサインの入る時計にはTIFFANY独自の管理番号が手書きでナンバーが入るようです。

BEYERやGUBELINも同様です。ただ、古い時計や逆に近年の時計には入らなかったりします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この個体は「33783」と刻印されています。

番号の意味もまだよく分かりませんが、時計の販売は70年代中期なので年代は関係無さそうです。

今日は

アメリカから箱が届きました。

ビンテージの箱の中でも最もキュートな箱の一つです。

レディース用ですがクラムシェル(Clamshell)と呼ばれたりしてます。

恐らく50~60年代の物になります(^^)

96スティール

今日は96スティールのご紹介。。

典型的な40年代のフラットインデックスにリーフハンドの個体。スモセコがブルースティールで特徴的です。

アーカイブスは数日中には届く予定です。

結構状態が良いです。

昨日

床屋に行きました。

21世紀になってから初めてかもしれません。

どこをカットするのって感じですが、それでも多少はカットするとこあるんですよ。。

それと顔を剃ってもらうのにはなんか緊張しました。

なんかよからぬ事を妄想したりして、するとなんか唾が出てきて飲み込まないと苦しくなってきたりして。。。

まぁそれはさておいて、とても気持ちの良い1時間弱でした。。

ラスベガスから帰国してからなんか疲れが取れないのですが、少しすっきりしました。

ref.570 pink on pink

今日はラスベガスで仕入れた最後の1本。

ref.570のpink on pinkです。

とても状態が良いです。

一応現時点では非売品の予定なんです😅

昨日

ご存じのように日銀が介入を行いました。

多少の影響はありましたが、なかなか流れを変えるまでは行かないようです。

さて、今日はアメリカでの収穫の2本目。。

96イエローのTiffanyです。

アーカイブスはこれからですが、恐らく1972年頃の販売、ロゴはプリントになります。

箱はオリジナルではありません。少し時代は後になるのではないでしょうか。

ムーブメントは27AM400でアンチマグネティックになります。

これからオーバーホールです。

昨日

昨日ラスベガスから戻りました。

うちに着いたのは19時半過ぎ。。

なんかとても疲れました。。。

今回の収穫の1本はとても稀少で美しいローズのref.2508です。

いわゆるピンクオンピンク。2508のこのタイプは極めて稀少で市場でも5本以下ではないでしょうか。

ブレスはPPのサインは入っていませんがケースにマッチしています。

ラスベガス3日目

本日はメインのショーの日。

無事、売り買い致しました。

具体的にはまた改めてお知らせします🙋‍♂️