EN JP

BLOG - 2022年5月

バックル

もしかしたら時計以上に入手困難なプラチナとホワイト、フラットタイプのバックル。

較べると色の違いが分かります。ホワイトの方が少し黄色っぽいですね。

フラットタイプのバックルは1950年代の中期頃まで。。

当時はホワイトやプラチナの時計は個体数が極端に少なかったのでとても稀少です。

裏の刻印はかなり異なります。

映画

隔離中は時間が沢山あったのでiTunes で映画をレンタルして観てました。

今回、まず「ペンタゴンペーパーズ」を観て、続けて「大統領の陰謀」を観てみました。

この二つの映画、ご覧になられた方はご存知と思いますが、ある報道を巡ってワシントンポストと政府のやり取りを描いた内容なのですが、制作された時代は前者が2018年と割と最近の映画であるのに対して後者は1976年の映画とだいぶ古くなります。ですが描いている時代はほぼ同時期で、いずれもニクソン大統領の時代の話で、前者はベトナム戦争に関する政府の極秘文書について、後者はウォーターゲート事件になります。

いずれの映画も過去に観たことはあるのですが、改めて連続して観てみると同じ人物を別の人が演じていたりはするのですが、ストーリーにつながりがあり、その時代についての理解度が深まってなかなか面白かったです。

この頃のアメリカに興味のある方にはオススメの映画です。

チャンスがあったら是非連続して観てみてください。

本日

無事隔離施設から退所致しました。

体調はすこぶる快調です。

18/19日の検査でいずれも陰性ですし、感染には注意してご対応させていただきますので皆様どうぞ安心してお店にいらしてくださいませ。

隔離生活 最終日

本日朝一の抗原検査で陰性となり、明日の朝退所します。

11日の夜からなので9泊10日。

長かった。

明日から日常に戻ります。

時計はいくつかオーバーホールが終わっておますので随時撮影をしてサイトにアップしていきます🙋‍♂️

隔離生活 7日目

隔離生活7日目。

本日朝一で抗原検査を致しまして。。。

結果は。。。。。。。

無事「陰性」でした!

明日の朝再度検査して陰性であれば、明後日退所できます。

さて、毎日コロナネタばかりで少しうんざりされているかと思いますので、たまには時計ネタも。。。

今回のジュネーブオークションの感想について。。。

今の市場を反映してるからでしょうか、パテックの出品はノーチラスがとても多かったようです。

一方で、ビンテージの出品はとても少なく、私がメインで扱っているようなタイムオンリーのビンテージは4社合計でわずか20本、その内、扱えるようなコンディションの物はわずか4本だけでした。

ここ数年ビンテージ品の出品が減ってきてはいましたが、ここまで少ないとは。。。

反して、ビンテージパテックを求めている人は決して少なくはないので、決して状態の良くなかったP社の96YGのセクターや、AQ社の少々魅力に欠けるような96yg 12scが私のイメージを大幅に上回って落札されました。

この96などは日本円にしたら税抜きで約720万円ですからね。信じられないです。。。

もちろん円安だから、という事もありますが、感覚的にはせいぜい2万ドル程度のイメージ。

こういった事も、これから益々ビンテージパテックは仕入しにくくなるかなと考えている理由の一つです。

隔離生活 6日目

隔離生活も6日目となりました。

本日看護師さんと電話で今後にスケジュールについて確認できました。

いわく、症状が軽快後24時間開けて抗原検査を2日続けて行い、いずれも陰性であれば退所出来ますとのこと。

私の場合は月曜日に軽快という評価なので24時間開けて明日から検査になり、明日と明後日の結果が陰性ならば20日の金曜日に退所出来る見込みです。もし陽性なら二日連続陰性になるまで繰り返すとの事。

当初は19日には退所できるかと思っていたのですが、早くても20日ということになりました。

色々お待たせしているお客様には申し訳ありません。

来週には確実に通常営業に戻れると思いますのでもう少々お待ちくださいませ。

隔離生活5日目

体調は変わらず。

熱もなく咽頭痛もありません。

今回のコロナの発症でひとつ思ったのですが…..

発症して4日目くらいかな、起床して午前中はまだ熱とかなりの咽頭痛があったのが、夕方になっていずれも治まって来ました。

普通インフルエンザや風邪などの場合は睡眠から起きると症状が改善していくような流れがほとんどだったように記憶しているのですが、オミクロンは起床している中で徐々に改善して行きました。

なんとなく不思議な感染症です。

あと2日で隔離生活がおわりますように🙏

隔離 中日

本日は隔離4日目、一応中日です。

一応と書いたのは、入所時に配布された資料を改めて見ると、元々無症状の人は確かに8日目に出れるようなのですが、症状のある人(つまり私のケース)はそうとも限らないようなので…。。

ネットで検索してみても、どのような基準を満たしたら退所出来るのか等詳しい説明は見当たらず。。

元々帰国者の隔離はどの行政区の管理なのか、羽田だけど東京都ではなくて検疫だから厚生労働省なのでしょうか。。

国内の感染者の療養施設からの退所の基準は「症状軽快後72時間で退所」らしいのですが。

今朝6時半の館内放送で「本日検査の方は配布した容器に唾液を採取してください」みたいなアナウンスがありましたので、もしかしたら症状軽快後72時間後に抗原検査して陰性なら退所できるのでしょうか🤔

ちなみに私はお陰様で昨日の夜から咽頭痛と咳も治まりました🙂

帰国者 陽性 隔離

隔離生活3日目。だいぶ回復して来ました。

発熱は治まり、関節痛もほぼ無し。まだ咽頭痛と咳が残っています。処方してもらったヴィックスのトローチが案外効果ある感じ。

さて、今日はジュネーブを発つ日から羽田で陽性が確定してホテルに入るまでの道のりを書いてみます。

発つ日の夜中に鼻詰まりの症状があり、喉も少しひりっとした感じがあったので嫌な予感がありましたが、起床後普通に朝食を食べ、同業者達への別れの挨拶等も兼ねてSotheby’s のオークションに行きました。

フライトは15時過ぎだったので、昼前にはホテルに戻り荷造りしチェックアウトして空港に向かいます。その時点で少し身体もヒリヒリしだして(つまり関節痛です)、これはかなりヤバいなという実感がありました。

チェックインカウンターでMYSOSの体調管理の入力が済んでいるかと聞かれて、まだですと答えたら、入力しないと発券出来ないと言われました。これは昨日ブログで書いたようにMYSOSアプリの新しい機能で、この時点では私も把握してませんでしたが、その場で入力し無事発券してもらいました。

余談ですが、11月にジュネーブに来たときにやはり帰りのフライトでお姉さんに「ミソスのレジスターは済んでいるか」と聞かれ「はぁ?、ああマイエスオーエスね」と返しました。お姉さんは知らなかったみたいで「おー」とか言って感心してました。ミソスって読めないことも無いけどね😅

余談でした。

話は戻って、フライトのチェックインの時点ですでにヤバいなという認識はありましたが、もしかしたら単に風邪かもしれないし、ここで微妙な症状を告知してジュネーブに残るという選択肢はありませんでした。無事発券も済んでセキュリティも通ってラウンジに入りましたが、かなり関節痛も出て来たので恐らく発熱もあったと思います。

15時にロンドン行きのBA(British Airways)の飛行機に搭乗。2時間弱のフライトでなんとかロンドンのヒースローに到着。

ヒースローではふらふらになりながら5番から3番ターミナルへと移動し、セキュリティをクリアしてラウンジに到着。

まずはシャワーを浴びて着替えて長椅子に横になって19時過ぎのフライトまで休息。

搭乗後、CAさんに時差ぼけで辛いので寝ますから、食事は食べたい時にこちらから呼ぶので起こさないでくださいねと伝えたのですが、すぐにお腹が空いて来て早々に食事をいただきました。体調は悪いのですが食欲だけはあります。

途中1本だけ映画を観てあとはひたすら横になってました。

航路は順調でほぼ予定通り11日の17時15分頃羽田に到着しました。

検疫ではMYSOSのグリーンのページを提示し順調に進んで、最後の抗原検査です。

抗原検査は40分程度で結果が出るのですが、大勢の帰国者及び入国者が結果を待っています。

電光掲示板に各人に割り当てられた4桁の番号が表示されれば陰性で、イミグレーションに進むことが出来ます。

私も、もしかしたらただの風邪で、陰性の可能性もあるかもと淡い期待をしながら結果を待ちます。徐々に私の番号近づき。。。。

やがて私の番号は表示されず私以降の番号が表示され始めました。

やっぱりダメかと落胆し、徐々に私の番号から20位先の番号も表示されだし、そろそろどうしたら良いのか聞きに行くべきかなと思案していたところ、アナウンスで私の番号が呼び出されました。

そこで「陽性でした」と伝えられ、検疫の女性に連れられて帰国者が待っている場所から少し離れたパーテイションで分けられた場所でお待ちくださいと告げられます。そこには1名の男性がすでに待機していました。

やがて、マスクと防御グラスをかけた女性が来て、いくつか質問をされます。

この間、他にも3名程度の検疫の女性と接しましたが、皆笑顔で優しくて、とても好感がもてました。陽性者の気持ちを汲んで、皆でこういう風に対応しようみたいな共通の行動指針があるみたいな感じ。日々自分達も感染するリスクを抱えながらの業務だと思いますが改めて感謝の気持ちがわきました。

さて、ホテルが品川Pホテルに決まり、バスで移動します。このバスが座席がビニールでカバーされて厳重な対応、「どんだけ〜」って感じです。

ホテルに到着するとまた完全防護の方(女性です)からいくつか説明を受けます。

その際、コインランドリーの有無とかこちらから荷物を発送出来るか等の質問をしてみると、この女性の対応は空港の検疫の女性達とは打って変わって、「ランドリーの使用は出来ず、またこちらから荷物の発送は出来ません」とまるで「貴方は自分の置かれている立場を理解しているんですか」的な対応でした。

今日はこの対応の違いを書きたかったんでここまで長くなりました😅

コロナ 帰国者 陽性

昨晩は喉の痛みに苦しみました。

熱は少し収まって来たので、少しづつですが快方に向かっていると期待しています。

さて、またコロナ関連で入国にまつわる話。。

私はコロナ禍で昨年の11月中旬、今年の3月初旬、そして今回の5月と半年で3回海外に出ましたが、この間日本の入国手続きは大幅に改善されました。

入国に際して、いくつかポイントとなるデータがありますが、それらは:

  1. ワクチン接種証明書
  2. 帰国前72時間以内のPCR陰性の証明書(日本の検疫の指定のフォーム乃至は準ずる物)
  3. 現在の体調についての質問と回答
  4. 誓約書(所定のフォーム)

です。

3月初旬まではこれらは全て帰国時に書面で提出していました(PCRのみメール添付データでもOK)。それが今回は全てこれらのフォームが帰国者管理アプリMYSOS 内

で完結出来るようになりました。上記書類の1/2はアプリ内にアップロードする事(画像データでも可)でOK、3/4はアプリ内の画面で入力出来ます。

ちなみにこのMYSOSですが11月の時点でも存在してましたが、当時はもっぱら帰国後の行動確認アプリとして使われてました。

さて、その上記4つのデータの内容に問題が無ければ、アプリの色が緑色になり、空港の担当者(バイトの子達ですが)にアプリのページを提示するだけで通過できます。ただ、まだ帰国後の住所や連絡先等を記入する書類が残っており、そこに各人4桁の数字が配布され、それが最後の抗原検査の番号になります。でもこの書類と番号管理もアプリ内で完結できうるでしょうから、いずれ帰国したらアプリを見せてあとは抗原検査だけになるのではないでしょうか(その前にコロナ以前に戻るかもしれませんが)。

この改善により、3月は着陸してから約90分かかっていたのが、今回は抗原検査に結果まで約60分と大幅に改善されました。この点は評価はしても良さそうです。

話は戻りますが、海外渡航に際して一番気にかかるのは、帰国前72時間のPCR検査をどこに頼むかです。手順としては検索し、一番信頼が置けそうで、且つ海外旅行者の対応出来そうなところにネットで日時を指定して予約します。72時間以内が土日だと海外はクローズのところもあるので要注意です。また、あまりぎりぎり(つまり帰国前日とか)の日時に設定すると結果が直前まで分からず不安ですし、万が一書類の内容に不備があるかもしれないリスク等を考慮しても、検査の予約は72時間以内の極力早めにする方が良いと思います。ただ、72時間というのは今までのコロナの潜伏期間(5日)を考慮した設定だと思いますが、オミクロンは潜伏期間が3日と短いらしいので、もしかしたら近いうちにアメリカみたいに24時間以内等に変更されるかもしれません。それはそれでなかなかハードルが高そうですが。。。。

続きはまた明日にでも。。。