EN JP

BLOG - 2022年4月

トレイ

お客様にお見せする時に使用するトレイをソウルバードさんに作成していただきました。

一応、当店のロゴ入りです。

ソウルバードさんは時計のケースなどを作成されている会社さんで、ホームページはこちらからご覧下さいませ。

虹🌈

昨日の夕方、鎌倉で綺麗な虹が見れました。

何かいい事があるかな🙂

The Nevadian Collector

先日現物を見たSotheby’s の”The Nevadian Collector”のカタログが届きました。

表紙は渋いカタログで時計のオークションとは思えません。。。

結構、玉石混淆の感があります。。。

でも玉は確かに素晴らしい時計があります。

ハイライトはローズの2499Gobbi Milanoでしょうか。。

高くなりそうです。

ref.2584 White

今日は自動巻のref.2584のホワイトです。

ビンテージパテックとしては最大級の36㎜、そして何より市場では2個しか存在が知られていないうちの一つです。

ケースはノンポリッシュでダイヤルは経年変化でアイボリー色です。

一応非売品です(^^;;

96AM

アンチマグネティックムーブメント搭載の96イエローがオーバーホールから戻りました。

画像はインスタで加工してあります。

実物にはダイヤルの変色などはございません🙋‍♂️

ref.2461

ref.2461イエローがオーバーホールから戻りました。

この時計もノンポリッシュです。

ちなみに、最近ノンポリッシュの時計の扱いが多いですが、世の中にそんなに沢山あるわけでは無いですからね。。。

基本的には「ほとんど無い」というのが現状です。

また

素晴らしいコンディションのオールドパテックが入荷しました。

1936~1937年頃の恐らくref.410、イエローとローズのコンビ、ダイヤルもツートンのアールデコ。

ケース、ダイヤル共にアンタッチのオリジナル。

この時代のレクタングルがこのような状態で見つかるのは極めて稀なケースです(先日のref.425もそうでしたが。。)。

アーカイブスはオーダー済みです。

小さい時計で現代のトレンドではありませんが、素晴らしい時計です。

オークションカタログ

春のオークションのカタログがぼちぼち届き始めました

まずは今月後半のモナコのレジェンドオークションと来月のジュネーブのPHILLIPS。

PHILLIPSはロイヤルオークのテーマオークションと通常のオークションの二本立て。

通常のオークションでは現在当店で在庫しているref.450に似たモデルが出品されています。

estimateはSfr30,000~60,000で設定されています。

ダイヤルのデザインは異なりますが、個人的にはうちの方が良いと思うんだけどな。。。

佐々木朗希

ロッテの佐々木投手がパーフェクトに19奪三振、そして13連続三振とものすごいピッチングを見せました。

三振をほとんどしないオリックスの吉田選手が3打数3三振というのがまたすごい。。

プロがあれだけ打てないんだから、相当すごいんでしょうね。

フォークが145キロ超えてるんだから。。。

ただ、素人的ですが、なんかフォークの割合が多いのが少し気になったりして。。

まぁそれはともかく、今後の更なる活躍を期待します!

※画像はネットから拝借しました。

今日は

浅間山のそばで大学時代の先輩、同輩と久しぶりのゴルフ。

素晴らしい天気で朝一と午後の浅間山を比べてみると一気に雪解けが進んだようです。

また明日からは日常に戻ってパテックオンリーの生活に戻ります🙂