BLOG

伊岡瞬さんの「祈り」

伊岡瞬の「祈り(単行本)」を読みました。

最近この人の小説をよく読むのですが、ストーリーがなかなかきつい(うまく表現出来ないのですが)反面、思わずページが進んでしまうんですよね。

今回のこの「祈り」も展開が早くて、且つ先が気になる内容なのでどんどん読み進んだのですが、ラストの章が全く理解出来ませんでした。

なんて言うか、「えっ、なになにどう言うこと??」みたいな感じです。

ネットで調べたらオリジナルと単行本はラストが異なるらしいのですが。。。。

どなたか読んで分かる方がいらしたら教えてください。

読んでない人には何が何だか全く分かりませんね、すみません(^^;

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP