BLOG  Category:watch

1593

また1593のネタ。

今日は過去に販売した1593をお持ちの方がいらしたので、並べて記念撮影。

いずれもノンポリッシユでとても状態が良いです。

ここ数年人気があまりない角形ですが、状態の良い個体はやはりとても魅力的です🙂

特に1593はビンテージパテックの角形モデルの中でも代表的なモデルですから、まさに傑作と言っても過言ではないと思います。

松屋

今更ですが、近くに行く予定があったので松屋の催事を見てきました。

どのお店もきれいに陳列されていて、パテックもたくさんあったしなかなか見応えありました。3445のホワイトは数本あってどこも結構安いなぁ。状態をよく見てないけど、国際的にはまだかなり割安感あります。

PEさんはさすがに沢山ありました!

残りあと数日、土日はもう少し人出があるかな。

皆さん、頑張って下さい🙂

ref.1593 GUBELIN

ref.1593のイエローGUBELINダブルネームがオーバーホールから戻りました。

記憶にあるref.1593の中でも最も状態の良い部類に入ると思います。

ケースはノンポリッシュでダイヤルはアンタッチ。

ありがちなダイヤル角の汚れやダメージもありません。

加えて風防もオリジナルです。

パテックとGUBELINのアーカイブスが付属します。

以前ブログで紹介しました96イエローのツートーンダイヤルがオーバーホールから戻りました。

この時計も96本に掲載する予定です🙂

とても珍しい当時のバックルも付属します。

96Book

今日は少し時間があったので96本の構想を練ってました。

手元にある物と国内で販売した物で今のところ41本、海外に販売してしまって撮影が難しそうなのが14本、なんとか50本は集めたいのですが……。

この表を見ると圧倒的にイエローとスティールのバリエーションが多い事がよく分かります。

上の表以外に「こんなのがあるよ」って方がいらっしゃったら是非ご連絡くださいませ。

570のスティールケースにホールマーク的な物が入っていることがあります。

年代は40年の後期でメーカーはBernard Dubois & Cieの物のみのようですが、全てに入っているわけではなさそうです。

仕向け地の国のマークなのかちょっと不明です。

数字っぽいですが、なんとも言えません。

スティール本を見ても数本だけ同じようなマークが見られますが、いずれも570で同じメーカーのようです。。

3445ホワイト

今日は3445ホワイトのご紹介。

使用感はありますがケースはノンポリッシュでダイヤルは経年変化でアイボリー色です。

実用性の高い自動巻きモデルです。

マイアミ最終日

今日はもう一回ショーに顔を出して一本ゲット。

今回は大物は570のスティールの12SC。

こちらはすみません、また非売品です😅

ケースもダイヤルもアンタッチなんです。

もう一本はまたそのうちに紹介します。

明日は朝のフライトでマイアミを発ち、ニューヨーク経由で帰ります✈️

2461プラチナ

2461のプラチナ、ダイヤモンドインデックス。

425の後継モデルですが、形状は結構違います。長さはほぼ一緒ですが、幅が3ミリほど広くなります。

このわずか3ミリですが、見た目はかなり異なります🙂

先日

やっと八幡宮の初詣に行けました⛩

天気の良い日が続いているせいでしょうか、例年よりも人出が多い様な気がしますよ。

さて、今日は今年最初の時計をアップしました。

いわゆる普通の96イエローですが、スモセコとダイヤル本体の色合いにかなり差があってなかなか特徴的な感じです。

ケース、ダイヤルともにアンタッチのオリジナル。

私が約30年以上前に初めて買ったビンテージパテックは96のイエローでした。

当時価格は150万でした(もちろん当時は消費税は無しです)。もう25年以上前に手放しているのではっきりした記憶は無いのですが、多分ケースはポリッシュされていたし、アーカイブスも(申請したけど)取れませんでした。

「当時の価格が高過ぎた」と言ってしまうことは簡単ですが、何しろネットも詳しい資料も無い時代ですし、海外に行って仕入れして来る事自体とてもリスクも高かったと思います。

それに市場もまだ確立されていない時代の事です。

それら諸々を含んでのプレミアムと考えればある意味妥当かもしれません。

1 / 8412345...102030...最後 »
TOP