BLOG  Category:watch

続 コメット

先日紹介したコメットシリーズですが、それこそ以前なら全く見向きもしなかったデザインの時計達です。

以前は96や570といったオーソドックスなカラトラバケースに面白いデザインのダイヤルの物にばかり目がいってましたが、ここ数ヶ月なんか変わったデザインのケースの時計が気になり始めまして……

それが先日久しぶりにジュネーブのパテックミュージアムに行ったら、それこそ丸型から角型まで変わったデザインのリファレンスが沢山展示してあって、やはりこういう変わったデザインの時計もパテックも重視しているのだなと再認識したりしている次第です。

ということで、最近色々研究しているのですが、例えばこのref.1550は、ミュージアムにも一つ展示されております。

この画像はアンティコルムさんの1989年のカタログから抜粋した物なのですが、同じ個体が2004年のクリスティーズさんでも出品されていて、恐らくミュージアムの個体はこの時計なのではないかと推測しております。

この1550は市場ではどうやら3個の現存が確認されているようで、そのうち一つはナチスのゲーリング元帥の所有物だったそうなんです。

ネット上で色々調べてみたのですが、残念ながらゲーリング元帥の1550は検索には引っかかりませんでした。

いずれにしてもこのコメットシリーズ、それぞれが数個しか製造(販売)されていないので、なかなか手に入れることは難しそうですが、探していればそのうちに目にする機会もあるかもしれませんので、気長に待つことにします。

コメット

通称コメットと呼ばれるリファレンスがあります。

多分ほとんどの方はご存知無いと思います。

それらは5つのリファレンスで1942年から数年(もしかしたら1942年のみ)製造されました。

その5つのリファレンスは

ですが、全てがフーデッドのラグで特徴的な形状をしています。

そのダイヤルデザインがあたかも星図のようなので、「コメット」と呼ばれてます。

私の知る限りでは1540が2個、1545は1個、1550はミュージアムに1個、1551は2個、1548はこの画像のみしか現存が確認されていません。

1942年ですので第二次世界大戦中です。

時代的にこのデザインはあまり受け入れられなかったのだと思もわれ、極めて少数のみ製造されて姿を消しました。

後にも先にもこのような特徴的なデザインのリファレンスはこの5タイプのみです🙂

2457ローズ

関東地方は本日大雨になっております。

昼過ぎまではピークが続くようですので皆様お気を付けください。

さて、本日2457ローズをサイトにアップしております。

ノンポリッシュのケースで状態はとても良いです(^^)。

現在商談中です。。

2533夜光

今日は新着時計のご紹介。

ref.2533イエローです。

ケースはノンポリッシュでダイヤルもアンタッチのオリジナル。

しばらく使われずに保管されていたようで、ダイヤルに夜光の焼けが見られます。

ケースはツーピースのスクリューバック、実用性の高い時計です🙂

2499の未使用品、付属品完品モデルです。

世代的には第三世代、既にSOLD です。

ギャラリーはこちらからご覧下さい。

2499の世代についてはこちらからご覧ください💁‍♂️

ref.493 Cartier

昨日無事帰国しました。

早速新入荷のご紹介。

ref493プラチナのカルティエです。

ダイヤルはツートーン。。

カルティエだけのサインのパテックは極めて希少です。

これからオーバーホールになります。

ジュネーブ5日目

本日はクリスティーズのオークション。

いくらになるのか興味があった96セクターはプレミアム込みで10万スイスフラン弱。

何人もの同業者やコレクターからこの時計について意見を聞かれたり、入札するのかどうかも聞かれましたが、一応正直に時計そのものは良いけど、秒針のお尻が折れてるのが気になると説明しました。

ハンマーで10万オーバーを予想してた人は多かったようですが、結果的にはそれほど値上がりしませんでした。

一方、オークションのトリの二本だった2497と2499のイエローはいずれも不落札。

2499はエスティメート(50〜80万スイスフラン)が高すたのが原因で、2497はサザビーズのピンク(下の画像)

が良すぎた(98万スイスフラン)のでその反動とかもあるのかな。それにしてもクリスティーズのはエスティメートが16〜26万スイスフランとかなり低かったのに、って感じです。やはり特に高額品は状態に少しでも問題があると売れない傾向にあるようです。

ということで全日程終了。

明日の朝のフライトでヘルシンキ経由で帰国します。

さて、昨日のアクアノートプロトタイプですが……

一部ではフェイクだ、との話もありました。

私がアンティコルムのジュネーブのトップの奴から聞いた話はこうです。

試作品としてパテックの職人が家に持ち帰っていた物が盗難にあったそうです。

それが5年ほど前にフランスでオークションに出品されたそうです。

パテックのスターン社長が盗難されたものなので無償での返品を要請するも、オークション主催者側からは盗難された証明が無いので、もし出品を取り下げて欲しいならエスティメート(5千ユーロ)での買取を主張。曰く、主催者はフランス政府と言ってましたので、もしかしたら税金滞納差し押さえのオークションかもしれません(推測です)。

スターン社長は有償での買取に激怒して買い取らずに結局そのままオークションに出され5万ユーロで落札。

その落札者が今回出品した、ということらしいです。

試作品で正式に販売されたものではないのでアーカイブスは無く、メーカーとしてはオーバーホールなどの修理は受け付けないそうです。

以上がこの時計の背景です。

なぜ職人が試作品を持ち帰っていたのか、もしくは証明が無かったという事は盗難届を出していなかったのか等少し不可解な点はありますが、もしかしたら職人が黙って持ち帰っていて盗難されたことを隠していたのかもしれませんからね……

この話はどこまで脚色されているのか分かりませんが、少なくとも時計そのものは本当に試作品である事は間違いなさそうです。

アンティコルムでアクアノート、5060のプロトタイプが330,000スイスフランで落札されました(プレミアム含まず)。

この時計はちょっと逸話がありまして……。

詳しくはまた改めてブログで紹介しますね😏

ジュネーブ3日目

昨日はジュネーブは午前中は雨でしたが、昼過ぎから晴れ間が出て来ました。

思い立って10年ぶりくらいでパテックミュージアムに行ってきました。

中は撮影禁止なので、外観だけ😅

最近スティールの時計に目が行きがちでしたが、ゴールドケースで変わった形状の時計のコレクションを見ていて、「こーゆー世界もやっぱり面白いなぁ」と思ったりして……

たまにはこうやって原点回帰するのも良いかもしれません。

1 / 7212345...102030...最後 »
TOP