BLOG  Category:watch

ref.3417

ビンテージパテックの中で、いま最も人気の高いリファレンスの1つがref.3417です。

IMG_3188

スクリューバックのスティールケースに特徴的なダイヤルがスポーティな印象があり、ビンテージとしては実用性が高いのがその人気の理由ではないでしょうか。

この個体は1970年の製造でref.3417としては最後期に属します。

ダイヤルにはいくつかのパターンが有りますが、基本は初期の物(1960年代までの物)はロゴがエナメルで描かれ中期以降はプリントとなりますが、中期以降の物にもエナメルロゴの物が散見されます。

何故ミックスになるのか不明ですが、(ダイヤルの)在庫管理が先入先出では無かったからなのかもしれません。

尚、この個体は、現在売約となります😅

昨日のChristie’sさんのニューヨークオークションでref.2570イエローがUS$118,750で落札されました。

pp2570

画像はChristie’sさんのカタログから拝借しました(あまり鮮明でなくてごめんなさい(^^;;

尚、ref.2570のバリエーションについては少し前のこちらのブログをご覧ください。

この時計はref.2570の中では最も人気の高い、インデックスの長いタイプで、加えて状態もとても良かったので、こんな結果になりました。

実はこの個体、先月ジュネーブに行った時にプレビューとして(ジュネーブにも)来ていまして、その時に見たのですが、本当に状態が良かったので、下手したら10万ドルは行くかなと思っていたのですが、予想通りの結果になりました。

スティールのみならずイエローやローズでも状態が良くて人気のモデルであればこのような高額で取引される傾向はこれからも続くと思われます。。

今日は

ようやく抜糸の日です。

でもまだまだ通常通りに食事はとれません(>。<)

前回の感じからするとまだあと1週間は掛かるかな(^^;;

でも日柄物だからね、もう少しの辛抱です。

さて、時計の話。。。

オーバーホールに出しておりましたref.2451が戻りました。。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ご覧の通りとても状態が良いです。。

ケースはノンポリッシュでダイヤルもパーフェクトです。。

ref.1543

ref.1543は大型のラウンドタイプ。。

40年代によく見られたラグ形状が異なるリファレンスの一つです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現物はドットの12個のインデックスに数字はエナメルで描かれたタイプ。。

比較的このスタイルが多いようですが、当時のカタログを見ると数字がアプライドのインデックスになっています。。

この個体は特に珍しいピンクダイヤルのモデル。。

数字も大きくてなかなかインパクトがあります(^^)

ギャラリー

朝起きたら痛みがあって左のほほが腫れてました。

今回は割と楽かなと思っていたのでちょっとショックです😔

ギャラリーにref.3448の4thをアップしました。

3448j4+

第4世代ともなると限りなくモダンピースに近いビンテージと言えるでしょう。

とはいえ40年前の時計ですからね。それなりにいい年になってきております。

ref.3448の世代についてはこちらのコラムをご覧くださいませ。

昨日

無事左の上下2本の親不知を抜歯いたしました。。

抜歯後は特に上が痛みましたが、今朝になってみると前回のような腫れもほとんどなく、比較的快調です(もちろん痛みはありますが。。。)。

抜歯の時は麻酔はかけますが、局部麻酔ですのでもちろん先生の言葉ははっきりと聞こえます。。

施術中に時々「あれっ」とか「おかしいなぁ」とかつぶやくんですよね。。

だからなんかとっても不安になるのですが。。。

でもまぁ前回とほぼ同様麻酔時間も含めて30分程で終了しました。。

今日の画像は親不知とは全く関係の無い、先日入手した時計の一つref.592のスティールブラックです。。

IMG_3064

592は約33mmというサイズですが、なんか小さく感じます。。

フェイスが小さめでブラックだからなのかしら。。。

製造個数がとても少ないのであまり目にする機会の無いリファレンスです。

ケースはツーピースで通常のパテックとは少し異質のモデルです。。

当分は非売品の予定です😅

1578GM

ゼネラルモーターズが同社の海外で働くエグゼクティブ向けに退職時に贈呈したref.1578のブラック、通称1578GMのローズです。

IMG_3034

バックはクリスティーズさんのニューヨークで出品されているイエローの1578GMですが、こちらは経年変化でブラウンになってます。

ref.3410

究極のシンプルなデザイン。

ref.3410のイエロー。

IMG_3009

とは言え、実用的なアンティマグネティックムーブメントを搭載してます。

何故かこのリファレンスはいつもこのタイプのやや間延びしたようなデザインの書体になります。

IMG_3010

何故かこの3410の前後のリファレンスでのみ見かける書体です。

恐らく、たまたまこの数年間にのみ採用された書体なんでしょうね。

ref.3429ホワイト

ホワイトの3429が入荷しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私のバースイヤーの製造です。。

人気の白系、派手すぎず地味すぎず、サインもエナメルでヴィンテージ感あり、実用性の最も高いヴィンテージパテックと言っても過言ではないかもしれません。

ref.2481

先日ラスベガスで入手した時計として紹介した内の1本にref.2481があります。

IMG_2970

ref.2481はヴィンテージパテックのタイムオンリーの中では最大級の時計でとても迫力があります。

なかでもクロワゾネダイヤルの物も稀にあり、オークション等ではとても高値で取引されております。patek-philippe-ref-2481-foret-vierge-watch

この時計は過去にクリスティーズさんに出品された時計です。

一般的にはバトンインデックスにドルフィンハンドがついた570と同じようなデザインの物が多いのですが、今回入手した物はツートーンに太字のローマンインデックスが入ったタイプで、何しろケースが大型でダイヤルのデザインも凝っているので、ヴィンテージパテックの中でもとても人気の高い時計になります。

1 / 4012345...102030...最後 »
TOP