BLOG  Category:information

モバイルサイトを開設することにしました。

モバイルでもPCサイトは普通に見えるしあまり必要ないかなぁと思っていたのですが。。。

でもやっぱりもうそういう時代でも無いのかなぁと。。。

来月早々位にはスタートしたいです。

遅ればせながらペランのベルトの取扱を始めました。

アクセサリーにUPしておりますのでご興味のある方はお問い合わせくださいませ。

数ヶ月前からExtract from the Archives(以下Extractと言います)のネット上での申請が決済の所でエラーになります。

ちょっと前に試してみたけどやはりダメでした。

仕方ないので直接Extractの担当の人とメールでやり取りして発行してもらうようにしています。

何しろ年間50枚位申請するのである意味お得意さんかもしれません。

今は申請時に画像を添付するようになって、当初は画像のダイヤルとアーカイブス上のダイヤルに違いがあるとExtractの発行を断られてたのですが、少し前からExtractには画像の通りのダイヤルを記載をし、彼らのアーカイブス上の記録と異なる場合はリマークに

という記載が入るようになりました。

つまり「上記のダイヤルは当社のアーカイブス上には記載されていません」というもの。

この文章だけでは、

1.アーカイブス上にダイヤルについては何も記載されていないのか(以前のnot mentionedのケース)

2.アーカイブス上には別のダイヤルの記載があるのか

分かりません。

ただ、以前こんなことがありました。

ある40年代の時計があって、その時計はかなり変わった夜光のダイヤルが入っていて、付属品としてオリジナルの保証書とExtractがありました。保証書には夜光の記載があるものの、Extract上はなんと全く異なるダイヤルが記載されておりました。つまり「販売時に顧客の要望に応えてダイヤルをカスタムで交換し、その旨保証書に記載されたにも関わらずアーカイブス上は当初のダイヤルのまま変更されなかった」のだと考えられます。

恐らく、こういったことは頻繁ではないでしょうが、時にはおこなわれていたのだと思います。

PPとしても、もしかしたら上記のようなケース等を考慮してなのかどうかは不明ですが、当初のExtractの発行方針から変更して、アーカイブス上のダイヤルと現状のダイヤルに違いがあっても(もしくはアーカイブスにダイヤルについての記載がなかったとしても)、現状のダイヤルが画像から自社のダイヤルと判断した場合、もしくはそのダイヤルと時計の組み合わせに妥当性があると判断した場合にはExtractを発行し、ダイヤル上には現状のダイヤルを優先して記載し、念のため「当該ダイヤルはアーカイブスには記載されていない」とリマークに記載するという方針に変更したのではないでしょうか。

とはいえこのセクションの方針はころころ変わりますので、またいつ何時どうなるかは分かりません。

PPとしては当初よりExtractは、その時計のAuthenticityを保証したものではなく、文字通りあくまで「当該時計の記録(アーカイブス)の抜粋にすぎない」と注釈しています。

思うに、当初はPPは、Extractはあくまで参考資料程度に扱って欲しかったのではないでしょうか。

にも関わらず、中古市場が非常に活発になり、本来の思惑とは異なり転売時にExtractがマストになってしまった事が大きな誤算なのかもしれません。従って、アーカイブスのセクションは従来より1名乃至は2名程度の決して重要なセクションという位置づけではなかったためか、Extractの発行方針に一貫性が取れておらず、今もそのまま曖昧な流れで継続しているというのが現状なのかなという気がします。

もしかしたら、その内にExtractも簡単には発行しなくなるかもしれません。

ちょっと理屈っぽいブログになってしまいました。

先月の緊急事態宣言の発令以来休業されていたPPJのサービスセンターですが、時間を短縮されて業務を再開されています。

対面接客の際のアクリルの仕切りも設置されています。

業務時間は1時から3時までの2時間。

事前予約制だそうです。

電話は11時から通じるようですので、ご用のかたはお電話をしてみてください。

おかげさまで、インスタグラムでのフォロワーさんが1.7万を超えました。

うち約95%は海外のフォロワーさんなのですが、海外の人はとっても積極的で毎日たくさんの質問が届きます。

価格の問い合わせがもちろん一番多いのですが、それ以外にも例えば「2526はイエロー以外に他の色もあるのか」とか「37mm以上のカラトラバを探している」とか「2509のスティールは何本造られてるの」等々。。。

これらはまだ良い方で「え、まじ。そんなの聞いてくるの」みたいな質問も沢山あります(^^;;

でもこういったツールを積極的に活用していかないと国際的なマーケットについて行けなくなりますからね。。。

どんな質問にも基本的に丁寧に返答するようにしています(^^)

日本の皆様も何か疑問がありましたらどんどん問い合わせしてくださいね。。

ベルト

ペランさんのベルトを扱うことになりました。

これから注文するので実際に入荷するのはまだもう少し先になります🙂

RPM

以前からロレックスパッションマーケットというロレックスを販売しているディーラーが販売目的で時計を掲載するサイト(英語のみ)があったのですが、最近パテックの時計の掲載も始めたので、運営者から掲載しないかと打診があって、とりあえずやってみることにしました。

特に特別なことはないのですが、自分の顔も出してます😅

リンクはこちらからご覧ください。

3417/2570の本

昨日3417と2570の本が届きました。

この本は2冊ではなくて表が3417で裏が2570になってます。

3417はイタリア人、2570はドイツ系スイス人が書いてます。

ちなみに2570の表紙の時計は私が販売した時計です。

いずれにも結構情報を提供しているので、所々に弊社の名前が見られます。

もし興味のある方がいたらおっしゃってください。

3417や2570はバリエーションが少ないので、割と分析して本にしやすいんですよね。

今回の本は100%正解というわけではありませんが、とても参考にはなると思います。

金額は税抜きで1万円位になります。

 

Instagram

昨日今日と関東地方は寒い日が続いています。

ついこないだまで半袖で半ズボンでランニングしていたのが信じられないような気温です。

今日はネタが全くないので、改めてインスタグラムの紹介でも…。

現在新しく入荷した時計は一番最初にインスタグラムにアップしてます。

もちろんインスタグラムには入荷した時計だけでなく、オーバーホールから戻った時計や、在庫している時計、非売品のコレクション並びに、オークションのプレビュー等で手に取った時計等も掲載しますので、全てが販売品というわけではありません。

インスタグラムはホームページの右上のインスタグラムのアイコンをクリックしていただけばページに飛ぶようになっています。

もしくはjohnbehalfで検索していただければ見つかると思います🙂

よろしくお願いします。

σ swiss σ

1970年代以降の時計の6時位置下に見られる σ swiss σ のマーク、通称シグママークですが、70年代以降のダイヤルにゴールドの素材が使われている場合等(例えばインデックス等)にこのマークが入ると言われています。

このマークですが、ご存知の方はいらっしゃるとは思いますがもう少し詳細を説明しましょう。

1971年の8月ににAPRIOR (l’Association pour la Promotion Industrielle de l’Or フランス語ですが、訳すと金産業販売促進組合みたいな感じでしょうか)が、更なる金の工業用分野への使用拡大の目的でスイスの時計メーカーやダイヤルメーカーとシンボルマークとしてこのシグママークの使用を使う事に決まりました。

パテックやロレックスはこのAPRIORに加盟していたので、アグリーメントに基づいてシグママークを自社のゴールドを使用しているダイヤルに書き込むことになったわけです。

従って、このシグママークが入っているダイヤルは確実に1971年の後半もしくは1972年以降ということになります。

つまり、もし時計の製造と販売が1971年よりも以前であって、かつダイヤルにシグママークが入っている場合は、そのダイヤルは1971年以降に交換された事になります。

稀にロゴがエナメルなのにも関わらず、シグママークが入っているものがあったりします。ロゴにエナメルが使用されていたのはリファレンスにもよりますが概ね1960年代の後半位までですから、辻褄が合わなくなりますが、これは、パテックがストックしていたロゴがエナメルのダイヤルを1971年以降にオーバーホール等の時に交換して使う事になり、その結果APRIOR とのアグリーメントに基づいてシグママークを打ち込んだ上で使用した(交換した)ということになると思います。

従って、ロゴがエナメルと言えどもシグママークが使用されている場合は1971年以降の交換ダイヤルであるということが言えると思います。

以上ご参考になればと思います。

1 / 1112345...10...最後 »
TOP