BLOG

今日も時計のご紹介。

2451のイエロー、ブレゲインデックス、ティファニーとのダブルネームです。

2451は10型を搭載したスクリューバックモデルで実用性の高い時計です。

ブレゲインデックスの個体はとても希少で加えてティファニーとのダブルネームも希少です。

アーカイブスは申請中です。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

96エナメルブレゲ

鼻水はだいぶ治まってきましたが、少しむせるような咳が出ます。

でももう少しで完治かなと思います。

さて、96スティールのエナメルブレゲです。

一応、非売品です。

ダイヤルは表面のコーティングにひび割れがあったり、変色等はありますがアンタッチのオリジナル。

針はブルースティールのブレゲ、かなりサビが出てます。

この時計は珍しくオーストラリアのメルボルンから出ました。私が昔住んでいたところです。

売主はオーナーの子孫から直接購入したそうなので出自を聞いてみたところ、1940年代にドイツからオーストラリアに移住したユダヤ人の医師の所有物だったそうです。

この時計は1941年の販売。

この時計を購入してすぐにナチス軍の迫害から避けるために移住した事と推測します。

そう考えると改めてとても大変な経験をして来た時計なんだなと感慨深く思われます。

その時計が約80年の時を経て私の手元にやって来ました。

毎年100〜150本のビンテージパテックを扱っていて、本当に短い期間しか私の手元にいない時計も沢山あります。

扱い本数が増えるごとに、単なる売買の対象として見がちな傾向にありましたが、今回、この時計の出自を聞いて、改めて一本一本に対する思いを大切にしていきたいと再認識させられました。

Comment

  1. tom,IWATE | 

    ヴィンテージの醍醐味のひとつですね。手放される際はエピソードも次のオーナーに伝えていって下さい。パテックには無いようですが軍用時計などは、付けていた兵士が戦場で何をしていたか考えるとなかなか複雑なものがあります。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    はい、次のオーナーさんにもお伝えするようにしていきます。
    軍用時計は無いですが、軍人さんが所有していたケースはあるでしょうね。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

完全に風邪をひきました

鼻水とくしゃみ。

ニューヨークから帰国して寒かったからかな。

昨日の夕方からカコナール飲んで、何とかひどくなる前に治れば良いのですが……

話は変わって今日はあずきのトリミングの日。

較べるとかなり綺麗になったなと。

皆さま風邪などめしませぬようご自愛ください。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ドライバー

ドライバーが折れました😱

ミスショットして頭来て折った、とかではありません。

もちろん人並み外れたパワーがあるわけでも有りません。

これを機に新しいのをゲットしようかと思います( ̄+ー ̄)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

梅雨

ニューヨークから帰国したら関東地方は梅雨になってました。

わずか1週間の不在の間にすっかり気候が変わってました。

紫陽花もまさに水を得た魚の様です。

鎌倉は元々湿度の高い所なのですが、この時期は更に湿度が高くなってなかなか過ごしにくくなります💧

これから数週間かな、辛抱の日が続きます(~_~;)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ルナサンダル

最近、故障を癒すために砂浜をビーサンでウォーキングしていますと先日ブログで書きましたが、今回のニューヨークでもセントラルパークをウォーキングしようと思ってそのビーサンを持って行きました。

元々ただのビーサンなのでウォーキング用ではないので、少しひびが入ったなぁ程度に思っていたのですが、今回セントラルパークをウォーキングしたらなんと鼻緒が切れてしまいました😱

鼻緒が切れたらもう全く使い物になりません。

従って、私はマンハッタンをセントラルパークから約1キロくらい右足裸足で歩いてホテルまで帰りました😅

昔、シドニーに住んでいた時は郊外は時々裸足で歩いているオージーは居たのですが、さすがにマンハッタン裸足で歩いている人は私だけでした。

通り行く人にチラチラ見られましたが、現金も持っていなかったので仕方ありません。

とりあえず、汚れはしたものの、怪我もなく無事に部屋に戻って、ウォーキング用のサンダルってないかなぁとググってみたところ、ウォーキングだけでなくランや簡単な登山にも使えるベアフットサンダルっていうのがいくつかあるみたいで、ニューヨークで売っているところを見つけたので早速購入して使ってみました。

選んだのはルナサンダルというメーカーの物。

さすがにビーサンと比べるとはるかに歩きやすいです。

また最初は鼻緒のところが痛くなると書いてありましたが、最近ビーサンで慣れていたので、少なくともビーサンよりは痛くありません。

既に2回ほどセントラルパーク内を8〜10キロほど歩いてみましたが、なかなか良い感じです。

ルナサンダルは日本でも手に入るようですのでもしご興味のある方はググってみてください。

通販でも買えるみたいですが、出来たら実際に履いてみて試してからの方が良いと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

帰国します

ただ今ニューヨークのJFK空港。

あと1時間ほどで搭乗。

日本には8日の15時前位に着く予定です。

ちなみに今回新たにゲットしたのは以下の3本。

左から3445のほとんど未使用に近いローズ、96イエローのブレゲ夜光、そして96のローズです。どれも素晴らしいコンディションです。

ちなみに96イエローブレゲは商談中です。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

本日はニューヨーク6日目、完全に飽きて来てます😑

さて、今日はクリスティーズのオークション。

セールは先日紹介した3448ホワイトだけが115.5万ドル(プレミアム込)と

高額となりましたが、それ以外は殆どがエスティメートを下回ったり、もしくはリザーブに届かなかったりとかなり低調に終わりました。

出品数も100本と少ないし、状態の良い時計が少なかったことが理由ではないでしょうか。

時計を集めるのも大変なんだろうし、最近はコレクターさんもわざわざ手数料を払ってオークションで売らなくてもインスタグラムなどで売れるので、むしろそういうところで売れない時計が集まってるような印象を受けます。

同じ事は我々のような業者にも言えます。

良い時計はなかなか見つからないし、良い時計ばかり選り好みしていたり、値切ってばかりいると、同業者からは相手にされなくなってくるし、たまには高くても付き合いで買ったり、もしくは逆に高く買ってくれなくても今後の事を考えて(時計を)回してあげたり、譲ってあげたりしなくてはなりません。

と少しだけ業者の悩みを吐露してみました。

明日の午前の便で帰ります(帰国は8日の午後です)。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

今日はオークションの中日、というか元々はボナムスのオークションが予定されていたのですが、取りやめになったみたいです。

ロックフェラーセンターには今回は色々なアーティストの作品が展示されてましたが、その中で一番面白かったのはスペイン人のアーティストでジャウメ・ポレンサ(正しくはハウメって読むのかもしれません)のかなり大きな作品

この人は色々な素材を使って人の顔を表現した作品を作る人みたいです。

この作品は”Behind the walls”という名称です。

手が浮いた感じで少し不思議です。

壁の後ろでだるまさんがころんだをやっているわけではないとは思いますが……。

まぁこんな感じで今日は少しゆっくり過ごしてます。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ニューヨークも早4日目。

今日はサザビーズのオークション。

ハイライトの2499/100、ティファニーは手数料込みで80万ドルで落札されました。

そしてもう一本の2499/100は45万ドルで落札。

状態はほぼ同じだったのでティファニーの有る無しでかなりの差が出た結果となりました。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP