BLOG

5月中旬のジュネーブオークションのカタログがほぼ出そろったようです。

個人的に一番の目玉はChristie’sさんのref.2497のブラック。。

2497black

この時計は2015年の11月にやはりChristie’sさんで出品され、オークションの当日に出品者のトラブルで急きょ取りやめになったいわくつきの時計です。

その時の内容はこちらのブログからご覧ください。

ところで気になることが一つ。

今回Antiquorumさんのオークションが開催されないかもしれません。。

なかなかカタログが掲載されないなぁと思っていたら、サイト上で数日前からジュネーブのスケジュールが消えて、次回のオークションは6月のニューヨークでとアナウンスされています。。

もし中止となるとせめてなんかしら告知して欲しい物ですが。。。

ここ数年全盛時の勢いを完全に失っている同社ですが、それでも時々ピカッと光るような時計が出品されるので、期待はしていたのですが。。。

元々時計だけのオークションで回数が多すぎるなとは思っていたのですが、ジュネーブはやっぱり時計オークションの本場中の本場ですからね、ここを外してほしくないのですが。。。

今後の同社からのアナウンスには要注目といった感じです。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.1543ローズ

ref.1543は40年代の時計としては大型でまたあまり目にする機会の少ないリファレンスです。

1543rg

ケースデザインだけでなくダイヤルも変わったタイプで当時としては結構斬新なデザインだったのではないでしょうか。。。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

イソスミレ

我が家のイソスミレが2年ぶりに咲きました。

IMG_2088

イソスミレは日本海側の海岸のごく限られた地域でだけ自生する大変貴重なすみれなんです。

今から10年以上前に生前の母を連れて石川県までわざわざ観に行った事がつい最近のように感じられます。

雑誌に載っている写真の風景を頼りにレンタカーで散々探してまわって、やっと見つけた大群落は見事の一言につきました。

またいつか観に行きたいなぁって思ってます😌

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

とんび

先日よく晴れた日に海をウォーキングしていたら街灯の上にトンビを発見。

iPhoneで撮ろうとした瞬間に飛び立って行ったのですが、案外綺麗に撮れました🙂

IMG_2053

どこでも見かけるトンビですが、こうやって見るとなかなか立派でございました👍

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

秘密の花園

今年も鎌倉山の秘密の花園はシャガが満開でした。

IMG_2044

シャガは一輪づつだとそうでもないのですが、ここまで見事な群落だとなかなか壮観です。

ちなみにここは個人の御宅の玄関先の花園です🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.617

先日サイトにアップした懐中のref.617ですが、もともと在庫していたブレゲダイヤルの懐中と同じリファレンスである事に気がついて、アーカイブスを見比べてみたら……

IMG_1994

なんとケースナンバーとムーブメントナンバー共に4番違いで、製造年は一緒で販売日は10日違い…。

いずれもスティールとローズのコンビ。

恐らくはまとめて数個製造された内の二個なんでしょう。

1940年の9月にそれぞれ別の道を歩き始めて改めて日本で再会した、というわけです。

二個ともとっても状態も良く、きっとお互いにお互いを称えあってる事と想像します🙂

あんまりセンチメンタルな方では無いのですが、少し感慨深い物を感じます😌

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

425と2461

2461は425の後継モデルである事は言うまでも有りませんが、なかなか較べてみる機会が無かったのですが、今回同じメタルで且つ同じデザインの物を並べてみることが出来ました。

IMG_2004

斜めに並べてみたので互いが分かりにくいかもしれませんが……

左が2461で右が425、いずれもプラチナにダイヤモンドインデックスです。

実際にサイズを測ってみると2461が42×22でラグ幅が19㎜、一方の425は43×20でラグ幅が17㎜になります。

文献だと425は40㎜とか書いてあったりするのですが、実は2461よりも425の方が長いのだという事がわかります。

事実、視認的にも425の方が長細い印象を受けるのも自然なことなのでしょう。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

新着時計

親不知ですが、痛み止めを飲んでいるせいでしょうか、痛みは治まっておりますが、腫れがひどいです(^^;;

でもあと数日もすればそれも収まるでしょう。。

でもこんな思いをしてまで抜かなければならない親不知ってなんで生えてくるんでしょうね。。

何らかの意味があるのかな。。

ちなみに親不知は英語ではa wisdom Toothと言います。直訳すると「知恵の歯」。。。

調べてみると「物事の分別がつく年頃になって生えてくる歯であることに由来する」らしいです。

そして落ち着いたら残りの左の2本を抜かなくてはなりません。。

憂鬱だな(~。~)。。。

さて、話は変わって新着時計のご紹介。。

今日の時計はスティールとピンクのコンビの懐中時計。。

IMG_1959

ちょうど似たようなデザインと腕時計があったので記念撮影。。

ビンテージではコンビ物は圧倒的にスティールとピンクの組み合わせが多いようです。。

何故かイエローとの組み合わせは少数派です。。

確かに比べてみると白ピンクの方が少し温かみが出るような感じがしないでもありませんな。。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

親不知

今日は午後から親不知の抜歯です。

何度も抜いた方が良いと言われても放っておいたのですが、ついに意を決して抜くことにしました。

左右を二回に分けて抜きます。

でも午前中は懲りずに海辺をラントレしました。

IMG_1949

抜歯するともしかしたらしばらく運動出来ないかもだからね😅

午前中は晴れてたから気持ち良かったしね。

痛くないといいな😕


痛くて死にそう at 18時

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

今年のすみれ

関東地方は春を通り越して一気に初夏が来たような気候です。

開花が遅れていたうちのすみれ達もすっかりピークです。

IMG_1931

いま我が家で咲いているすみれから同じ系列の物をまとめてみました。ちなみにこの写真の中列の右の物を除く7つは全て同じすみれ(タチツボスミレ)の花色変わりです(ちなみに上段の右上が基本の花色になります)。

純白の物からピンク、そして濃紫まで変化が見られます。

これらは全て実生(種から増やしても)しても固定化しているので、毎年間違いなく楽しむことができます。

時計やランニングとは全く異なりますが、興味を持ち始めて40年弱でしょうか、私の趣味の中でも最も長い趣味です。

それこそ昔は希少種を求めて北海道の高山から日本海の海岸や九州の山々まで日本全国を旅しましたが、最近はもっぱら栽培の優しいタチツボスミレの花色の変化を楽しむことに変わって来てます。

若い頃は恥ずかしくてあまり人には言えなかったのですが、最近はようやく年相応になって来たのかな😅

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP