BLOG

今日はあずきのトリミングの日。
前はこんな感じでもさもさでしたが、


こんなにスッキリしました


次のトリミングは年末。
もう2017年も終わりつつあります。
早いなぁ

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

「明治維新という過ち」という題に惹かれて読んでみました。

極論として、「今の日本があるのは、明治維新のおかげだ」的な見方を安易に持っている人は多く、しかしそれは明治維新以降の薩長主導政府による歴史教育が長年にわたって刷り込まれた事によるものだというのが著者の主旨だと思います。

最初のうちは、「この人(著者)は、なんか薩長に私怨があるのかしら」とか「ふむふむそういうことも在ったのだ」等思いながら、なんとなくのんびり読んでいたのですが、最後の数ページだけはさっと読むことができました。

著者は、全体を通して明治維新を美化してきた司馬遼太郎氏にも今の日本人が間違った歴史認識を持つようになった責任があると話していたのに対し、最後になって司馬氏が街道をゆくの中で述べていた言葉「われわれが持続してきた文化というのは弥生時代に出発して室町で開花し、江戸期で固定し、明治後、崩壊を続け、昭和四十年前後にほぼほろびた」を引用して司馬氏は「智の巨人」であると解説していました。

私は司馬氏の小説はそれこそ何冊も読んで、まさにわくわくした口なのですが、「街道をゆく」は読んだことはありませんでしたので、司馬氏がそのように語っていたことは知りませんでした。

私は今の日本が(悪い意味で)こうなったのは、自分がまさに渦中で経験してきた「戦後教育とバブル」のせいだとずっと思っていたのですが、「実はその前から崩壊が始まっていたのかもしれない」と少し衝撃を受けました。

つまり著者は最終的には、今の日本がこうなったのは基本的には明治維新がターニングポイントであった、つまり明治維新こそが日本にとっての「過ち」であったと言いたかったのだなと解釈しました。

もしまだこの本を読んでいなくて歴史に興味をお持ちの方がいらしたら、ちょっと読んでみてください。

著者の言われる薩長主導による歴史観と逆の意味で少々偏った歴史観がベースの本ではありますが、少しは今の日本を理解するためのヒントにはなるかなと思います。

Comment

  1. サンショウウオ | 

    羅生門スタイルじゃないですが、歴史って語る者の立場や環境、考え方、人間関係、宗教等で全く異なるものになりますよね。
    太平洋戦争は言わずもがな。日本人の大好きな忠臣蔵だって吉良上野介の地元愛知県西尾市では名君として慕われていますし、中東に関してはもはや理解しようとする気力さえ失せるほど複雑で混沌としています。
    それでも自分とは違う考えにもよく耳を傾けて、複眼的思考を持ちながら、歴史を学ぶことが大事だと思います。
    なかなか難しいことですが…

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    おっしゃる通り立場によって見方がだいぶ変わりますね。
    異なった考えを頭ごなしに否定するのでは無く、受け入れる事で自分の視野を広げることにも役立ちますね

  3. corbudier1887 | 

    こんばんは。
    お久しぶりです。
    面白そうなのでコメント入れさせていただきました。
    大平正芳先生が、「本来歴史というものは、最終的な解決なるものはないのであって、暫定的解決を無限に続けていくのが歴史だと思う。毎日汗をかいている姿が歴史である。」という言葉を残されています。
    このお言葉をベースとすれば、あの時代の後にどれだけ政治的観点からもイノベーションの汗が流されたかを検証すべきと思います。それをせずして150年前の一点にフォーカスしても無意味の様な気もします。

  4. onbehalf | 

    おはようございます。
    コメントありがとうございます。
    仰るとおり、歴史は常に流れている物で、その前後に何故そうなったのか原因があるわけですよね。
    この本の著者は恐らく事実以上に明治維新その物がとても美化されている事にあらゆる意味で違和感と疑問(不満)を持っていて、それを自分なりに正したいという感情が強いのだと思います。
    そのため逆に江戸時代(徳川幕府)を美化した所は否めないような気がします。
    是非、読んでみてくださいませ。

  5. corbudier1887 | 

    早速、取り寄せて読んでみます。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.3439

ref.3439もオーバーホールから戻りました。

人気の自動巻カラトラバです。

ref.3403の後継モデルで27-460を搭載してます。

こちらは現在ホールドです。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

今日は

富士山🗻がとても綺麗に見えました。

空気が澄んでいる証拠ですね。

朝方強かった風もすっかりおさまって暖かくなってきました😊

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ref.3514ホワイト

ref.3514ホワイトのオーバーホールが終わりました。

近々サイトに掲載予定です。

使用感はありますが、状態はすこぶる良好でございます。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ダビンチのサルバトールムンディがChristie’sさんのニューヨークのオークションで約510億円で落札された事はテレビなどでも報道されたので、皆様もご存じの事かと思います。

一応、私もジュネーブ出張時にブログ上で紹介した時計の落札価格を下記しておきますね。

まずPHILLIPSさんから、1518ygはSfr552,500(約63百万円)、1526rgはSfr396,500(約45百万円)、2497wgはSfr2,292,500(約2.6億円)、続いてChristie’sさんの1491wgはSfr162,500(約18.5百万)、3448wgはSfr972,500(約1.1億円)となっております。

ちなみに、上記価格は当たり前ですが税抜き価格であります(^^;;

また、昨日3800のイエローをサイトにアップしました。

価格が460万円(税込)と少々高いと思われるかもしれませんが、今回のジュネーブでも3800のイエローが、PHILLIPSさんとChristie’sさんで1本づつ出品され、それぞれ650万円と600万円で落札されております(いずれも税抜です)。

オークションの価格は多少お祭り相場ではありますが、基本的に市場価格はオークションの相場につられる傾向にあります。

稀少で状態の良い物は高額で、反面状態の良くない物はUNSOLDであったり、予想よりも低い価格で取引されております。

以上皆様も今後のご購入の際にご参考になればと思いますm(_ _)m

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

湘南マラソン

二週間後に迫った湘南マラソンのゼッケンが届きました。

今年の番号は

です。

6271だから「無にならない」とか「無駄にならない」とか都合の良い語呂合わせしてます。

まぁ、悪くはない番号かなと……。

ちなみに去年は4989で「四苦八苦」、一昨年は5130、その前は1155でした。

今年は果たして吉と出るか凶と出るか……

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

皇居ラン

今日は予報では寒くなるとのことでしたが、ジュネーブでの極寒を経験しているので、むしろ暑いくらいです。

今日はお店で少しだけ時間が出来たので、皇居周辺をランして来ました。

画像は大手門の夕陽です。

完全な逆光でしたが、なんとなく雰囲気のある画像が撮れたので…………。

湘南マラソンまであと二週間強。

ジュネーブから戻ってからなんか喉の調子が変なのですが、風邪気味なのか乾燥によるものなのか分かりかねてます。

いずれにしても体調管理には気をつけないといけません。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

帰国しました

昨日無事帰国しました。

東京はまだかなり暖かいですね💦

昨日はやはり疲れていたのか、飛行機が飛び立つやいなや寝落ちしてしまい、食事も食べずに5時間以上寝続けてしまいました。

着陸間際に近くを別の飛行機が飛んでたで思わずiPhoneで撮影。

夕焼け空と工場の煙突から出る煙にその中を飛ぶ飛行機がなんとなく東京っぽい感じでした。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ジュネーブ最終日

さていよいよ帰国です。

帰る日になってやっと太陽🌞が出ました。

でも昨日からの北風が相変わらず強く、恐らく体感はまたマイナス状態。

今回のジュネーブは本当に寒かったです。

出張の内容的には色んな連中と楽しい時間が過ごせたので、いつもよりも案外楽しかったです。

昨日のランチなど、スペイン人、レバノン人、ドイツ人、アメリカ人と私日本人ですからね、なかなか面白かったです。

睡眠は割と取れてるのですが、寒さのせいでしょうか、それとも走りすぎのせいでしょうか、いつになく疲れ気味です。

帰りのフライトは✈️ひたすら寝るしかなさそうです。

ではではまた🙋‍♂️

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP