BLOG

当社は

当社は11月が決算月なので、昨日から新しい期に入りました。

法人になって13期目に突入であります。

早いもので2019年も残り1ヶ月を残すのみとなりました。

店のそばの桜並木はライトアップされて早くもクリスマスモードであります。

これから忙しくなる方は多いでしょうが、風邪など召されませぬようご自愛ください🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

こんな珍しい96イエローのセクター

このダイヤルのデザインは今まで見た事ありません。

でも悲しい事に針が全部違います😢

私が主に扱う50年代以前のビンテージパテックは恐らく1/3は何かしら違う針が入ってます。もしかしたらもっと多いかな。

針の中でも秒針は特に違う物が多いです。長短針は比較的大丈夫な事が多いのですが、この時計みたいに全部違うのもあったりします。

ただ針が違うだけで流してしまうのが残念な時計も沢山あるので、そういう時計には所有しているパーツの中から年代とデザインに合う物を交換してつけるようにしてます。

年代とデザインだけでなくて長さもあるので合致させるものを見つけるのは容易ではありません。

針を合わせるという事はビンテージウォッチを販売していく中でとても大切な事だと私は考えてます。

ただ、それには常日頃からパーツを揃えたり、ドナーとなる時計を買ったりかなりのコストと労力が必要になってきます。

以前何回かブログで針のことをとりあげましたが、皆さんもぜひ参考にしてみてください。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

2406

2406のイエローがオーバーホールから戻りました。

一見、カラトラバっぽいですが、ケースはツーピースで全く異なるデザインです。

曲線が上手く使われていてよく見るととても魅力的な時計だと思います🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

3417/2570の本

昨日3417と2570の本が届きました。

この本は2冊ではなくて表が3417で裏が2570になってます。

3417はイタリア人、2570はドイツ系スイス人が書いてます。

ちなみに2570の表紙の時計は私が販売した時計です。

いずれにも結構情報を提供しているので、所々に弊社の名前が見られます。

もし興味のある方がいたらおっしゃってください。

3417や2570はバリエーションが少ないので、割と分析して本にしやすいんですよね。

今回の本は100%正解というわけではありませんが、とても参考にはなると思います。

金額は税抜きで1万円位になります。

 

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

1593

1593のイエロー

GUBELINとのダブルネーム。

1593ってケースが弱いかダイヤルがダメージ受けている個体がほとんどで、この1593は珍しくノンポリッシュのシャープなケースでダイヤルもアンタッチ。

こうなるとなかなか魅力的な時計です。

ちなみにエングレーブはあります。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

白系

とてもレアな2545と2555のホワイト。

私の知る限りではどちらも市場で数個しか存在が知られていません。

ちなみに右の2545はお客様の所有ですので非売です😑

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

オールド96

初期のスティールの96はラグがろう付けになることは何度かブログでも取り上げております。

たまたまオーバーホールで戻った二本が揃いましたので比較してみます。

ご覧の通り、形状は横から見るとストレートでエンドにかけてややアールがかかります。

上から見ると普通の96とほとんど一緒なのですが、横から見ると全く別物になります。

こんなところもオールド96の魅力ではないでしょうか。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

額装

先日ブログで紹介した昔の封書を額装してみました。

悪くはないけど、なんか今一つピンと来ない😑

まぁ、良いか。

明日にでもお店に飾る事にしましょう。

Comment

  1. tom,IWATE | 

    マットの色を変えてみるといいかもしれませんね。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    僕もそれが良いかなとおもいました(^^)

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

私の名前の話し

私の名前はじゅいち(寿一)というのですが、確か父親が昔お世話になったかなんかの同郷の政治家で体育協会会長だった方で津島寿一さんという方がいて(NHKの「いだてん」で井上順さんが演じてる役の方です)、その方の名前にあやかってつけたという話を聞いてます。

この「じゅいち」という名前ですが、例えば電話でレストランを予約する時に最近は名字だけでなくて下の名前も聞かれますよね、それで下の名前を告げるとほぼ100%「じゅんいちさんですね」と言われます。いちいち訂正するのもめんどくさいので、「またか」と思いながら「ああ、はい、それで」って答えるんです。

まぁ、これはほとんどいつものことなんでもう諦めてるのですが、先日名前関連でまたガクッと来たことがありました。Zoffで新しく眼鏡を作ろうと思って、度数を調べる事になって「過去のデータを調べるので、お名前を入力ください」と言われて、タブレットにひらがなで「じゅいち」と入力したらお店のお姉さんに「すみません、じゅ・い・ちってなってますけど」ってわざわざ指摘されて、いやいやそれで合ってますからって感じなんですよね。

そんな事もあるので、最近はレストラン予約する時は「ジョン」って伝えてみたりしてます。その方が、ほんの一瞬間が空くんですけど、少なくともガクッと来ることはないんですよね。

この「ジョン」という名前は、その昔、サラリーマン時代にオーストラリアのシドニーに赴任した時に、現地スタッフから「みんな日本人は自分の名前に近いような英語名付けるんだよ」って言われて、じゃあJで始まる名前だからって事でJohnにしたんですよね。

それをそのまま今でも使ってるんです。

かれこれもう30年近くになりますね。

名刺にはJohnって書いてるのと、顔が割と濃い目なので、稀にですが、「ハーフですか」とか聞かれたりする事もあります😅

以上長くなりましたが「名前の話し」でした

画像はブログの内容とは関係ありません😑

Comment

  1. manya | 

    うーんなるほど、ずっと何故かなのかなって思っていたいたことがわかってよかったです!

  2. onbehalf | 

    はい、そういうことなんです

  3. 時計好き映画好き | 

    えーと、ずっとハーフだと思っていました(汗)。

  4. onbehalf | 

    あれれ、そうでしたか
    失礼しました。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

Instagram

昨日今日と関東地方は寒い日が続いています。

ついこないだまで半袖で半ズボンでランニングしていたのが信じられないような気温です。

今日はネタが全くないので、改めてインスタグラムの紹介でも…。

現在新しく入荷した時計は一番最初にインスタグラムにアップしてます。

もちろんインスタグラムには入荷した時計だけでなく、オーバーホールから戻った時計や、在庫している時計、非売品のコレクション並びに、オークションのプレビュー等で手に取った時計等も掲載しますので、全てが販売品というわけではありません。

インスタグラムはホームページの右上のインスタグラムのアイコンをクリックしていただけばページに飛ぶようになっています。

もしくはjohnbehalfで検索していただければ見つかると思います🙂

よろしくお願いします。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

2 / 17812345...102030...最後 »
TOP