BLOG

ゴンドーロのセンターセコンド。

とても魅力があって個人的に欲しいなとは思うんですが、長短針が多分違うと思うんですよね。この時代とこのインデックスにバトン針は不自然だし、短針がインデックスに届いてないし……。

この時代のこの数字には多分これ

上はアラビック(ドフィーヌ)数字で下はブレゲ数字ですが、恐らくこの下のタイプのブレゲ針かブルースティールのスペードハンドになると思うんですよね。

良い時計なんだけど残念だなぁ😔

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

昔の封書

パテックの昔の封書…

何年ごろかは不明ですが、結構味があります。

渋めの額に入れて店に飾ろうかな。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

σ swiss σ

1970年代以降の時計の6時位置下に見られる σ swiss σ のマーク、通称シグママークですが、70年代以降のダイヤルにゴールドの素材が使われている場合等(例えばインデックス等)にこのマークが入ると言われています。

このマークですが、ご存知の方はいらっしゃるとは思いますがもう少し詳細を説明しましょう。

1971年の8月ににAPRIOR (l’Association pour la Promotion Industrielle de l’Or フランス語ですが、訳すと金産業販売促進組合みたいな感じでしょうか)が、更なる金の工業用分野への使用拡大の目的でスイスの時計メーカーやダイヤルメーカーとシンボルマークとしてこのシグママークの使用を使う事に決まりました。

パテックやロレックスはこのAPRIORに加盟していたので、アグリーメントに基づいてシグママークを自社のゴールドを使用しているダイヤルに書き込むことになったわけです。

従って、このシグママークが入っているダイヤルは確実に1971年の後半もしくは1972年以降ということになります。

つまり、もし時計の製造と販売が1971年よりも以前であって、かつダイヤルにシグママークが入っている場合は、そのダイヤルは1971年以降に交換された事になります。

稀にロゴがエナメルなのにも関わらず、シグママークが入っているものがあったりします。ロゴにエナメルが使用されていたのはリファレンスにもよりますが概ね1960年代の後半位までですから、辻褄が合わなくなりますが、これは、パテックがストックしていたロゴがエナメルのダイヤルを1971年以降にオーバーホール等の時に交換して使う事になり、その結果APRIOR とのアグリーメントに基づいてシグママークを打ち込んだ上で使用した(交換した)ということになると思います。

従って、ロゴがエナメルと言えどもシグママークが使用されている場合は1971年以降の交換ダイヤルであるということが言えると思います。

以上ご参考になればと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ようやく

ようやく風邪もほぼ完治しました。

今回の風邪は悪化はしないけど長引きました。

そろそろ汗をかきたいなと思っているのですが、今度はどうも右足かかとが足底筋膜炎になって痛いです。

ちゃんとストレッチとかしないと本当にもうどうにもならないですね。

歳を取るというのはこういうことかなと。。。

なんか行動するたびに「よっこいしょ」とか言って勢いを付けないとダメなんですよね。。。

これがあと5年したらもっとひどいことになるんだろうな。。。

なんか後ろ向きの事ばかり書いています。。

今回のジュネーブでは仕事面ではまぁまぁでした。。

合間にまたパテックミュージアムをのぞいてきましたが、ショーケースの中ではいくつか空いているスペースもありました。

多分シンガポールの展示にでたままでまだ戻っていないのかなと。。

そう言えば来年の秋くらいかな日本で今回のシンガポールみたいなイベントがあるらしいですね。。

恐らく限定品も販売されるのではないでしょうか。。

その頃までに可能なら本でも出したいなとか。。。

あまりやる前から大口は叩かない方が良いけど…

まぁ2020年の計画というか目標であります。。

Comment

  1. tom,IWATE | 

    お疲れ様です。
    私もランニングで足首を痛めました。
    大したことはありませんが。
    96の?御本、期待してます。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    とにかく運動の前後にしっかりストレッチをしていくことが肝心みたいですね。
    96の本、やるからにはしっかり計画して取り組みたいと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

あずきトリミング

今日はあずきのトリミング。

帰る途中でカフェに寄って自撮り。

最近のあずきは、いつでもすぐに眠くなって寝ちゃうんですね。

膝に乗せてて寝ちゃうと完全に身体を預けちゃって…

安心してるんだろうなとそれはそれでとても愛しいです🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

帰国しました

帰国しました。

風邪はようやくだいぶ良くなりました。

結局、ジュネーブではずっとグズグスしてました。

日本はまだ暖かいですね🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ジュネーブ4日目

4日目にしてようやく快晴となりました。

レマン湖の噴水も今日は出てます!

話は変わりますが、昨日のクリスティーズのオークションでは珍しい533のセクターパルセーションダイヤルが不落札。

パルセーションはアーカイブスにも記載されていたし、ダイヤルもなかなか味があったのですが、値段が全然上がりませんでした。

やっぱりちょっと汚いのと、少しトレンドじゃないのかなぁ……。

今回はなんとなく全般的に競り上がりが少ないような感じがしてます。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ジュネーブ3日目

今日のクリスティーズさんのオークションでヘンリーグレーブスJr.のリピーターは3.8百万スイスフランで落札となりました。

すでに日本のメディアでも報道されているからご存知の方はいらっしゃるとは思いますが、一昨日のクリスティーズさんのオンリーウォッチのチャリティオークションでパテックの時計が31百万スイスフランで落札されたのに比べたらヘンリーグレーブスもかなり可愛いもんだと思います😅

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

ジュネーブ2日目

今日はクリスティーズとサザビーズのプレビュー。

クリスティーズさんでは言うまでもなくヘンリーグレーブスのミニッツリピーターがハイライト。

バックには家紋(で良いのかな)が入ります。

時計のエングレービングが嫌だと言う人はいますが、まさかこの家紋が嫌だなんて人はいないだろうな。

エングレービングは時計の歴史そのものだからちゃんと受け入れてあげて欲しいなって思います。

ちなみに今日はめちゃくちゃ寒いです😨

Comment

  1. tom,IWATE | 

    風邪は良くなりましたか?
    この時計、ムーヴは19世紀製作なのに径が30mmないみたいですね。
    まだ腕時計の時代じゃないわけで、極小のミニッツリピーターの懐中があったのでしょうか?

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    風邪は長引いてます
    12型なので約27ミリということになりますね。
    このリピーターはピゲベースですが、恐らくこのサイズの懐中のリピーターがあったのだと思います。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

今度は外出中にホテルから

世の中捨てたもんじゃないな😂

明日はもう少し風邪が楽になりますように🙏

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

1 / 17512345...102030...最後 »
TOP