BLOG

UNION続き

先日紹介したUNIONのサイドはこんな感じです。

ご覧の通り、懐中時計のようにヒンジ構造になっております。

またベゼルはコンケーブしておりいわゆるカラトラバケースとは少しデザインが異なります。

しかしながら全体の形状的にはref.96の原型になった時計の一つであろうと推測されます。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP