BLOG  Archive:2019年3月

今日は

思い立って朝食前にランニング。

身体が結構軽く感じられて、気持ちよく走れました。

画像は由比ヶ浜から花大根越しに稲村ヶ崎を望む、であります。

朝一は快晴でしたが、徐々に雲が広がって、昼過ぎにお店に着いた頃にはまた寒くなってました。

今日辺り東京はお花見のピークでしょうか。

風邪など召しませぬよう、ご自愛下さい。

三越前の桜並木

先週日曜日に桜並木のブログを書きましたが、あれから寒い日ばかりで桜の開花も思ったように進んでいません。

まだ七分くらいでしょうか。

それどころか最初に開花した花が早くも散り始めています😰

今年はもしかしたら気持ちの良い満開の桜を拝むことが出来ないかもしれません、なんて気がしてしまいます😥

あずき

うちのあずきがまた膀胱炎になりまして……

昨日の朝一でいつもの病院に行って抗生物質と炎症を抑えるお薬を処方されました。

おかげさまで、とりあえず症状は治まっています。

今年の5月で15歳。

最近、色々ありますが、まだまだ元気に頑張ってます🙂

メール

昨日の夜からメールを送信した時に相手のメアドが間違っていたりする時にサーバーから戻ってくるメールありますよね、MAILER-DAEMON@…のやつ。

これが立て続けに送られてきたので、新手の迷惑メールかと思って、くるたびに削除してたのですが、そのうちに面倒くさくなって寝てしまって……

朝起きて見てみたら、なんと

2,411通のメール。

しかもどんどん受信している状況。

これは大変なことになったと思って、調べた所、どうやらメールが乗っ取られて、迷惑メールを世界中にばらまいている可能性が高く、そのうちエラーになっているものが、サーバーから送られているらしい事が判明。

対処方法はメールのパスワードを変更すれば元のパスワードではメールが送信できないので、早速パスワードを変更した所、どうやら収まりました。

でも私が昨晩から受信したエラーメールの何十倍もの迷惑メールが送信された可能性があります。

もしかしたら皆様にも送られてるかもしれません。

そして、そのエラーメールを削除。

その間に普通のメールも紛れてる可能性があるので、注意しながら作業。

一応、注意したつもりですが、もしかしたら普通のメールも削除してしまったかもしれません。

もし、メールを送っていただいたにもかかわらず、私から返信がない場合は恐れ入りますが、再送いただけますと幸いです。

朝からかなりバタバタしました😰

アリアケスミレ

大田区の路傍にて

アリアケスミレといいます。

いわゆるスミレに似ていますが、白がベースで紫状が入ります。

結構大型の花が咲きます。

こうやってコンクリートの割れ目に芽を出して咲いたりしてます🙂

入荷予定の時計です。

ref.96スティールの12SC、BEYERとのダブルネームです。

来月中旬にニューヨークに行くのですが、その時に受け取る予定です。

シンプルなローマン数字とドットの組み合わせです。

妙本寺の海棠

連日の花のブログですみません😅

妙本寺に海棠を見に行ってきました。

通常はソメイヨシノの少し後なのですが、近所のうちで咲いていたので、念のため……

そしたら

結構咲き始めてました!

こちらも今週末辺りが満開になりそうです。

妙本寺の海棠は小林秀雄が「中原中也の思い出」の中でも紹介しています。

今見れる海棠は当時の海棠とは違うようですが、なかなか見事な大木です。

この一週間くらいの間に鎌倉にお越しになるチャンスがありましたら、是非足を運んでみてください。

三越前の桜並木

三越前の桜並木はまだまだちらほら咲き始めた程度。

明日からはまた少し気温が上がるみたいなので週の後半には満開になるかな。

来週末も東京は気温が低そうなので、今年は花がしばらくもつかもしれません🌸

ニューヨークタイムズにビンテージウォッチについての記事が載りました。

詳しくは以下のリンク(英語です)からご覧ください。

https://www.nytimes.com/2019/03/20/style/collectible-watches.html

内容としては、ここ数年のビンテージウォッチ(主にロレックス)の相場の高騰についての記事で、資産家にとってビンテージウォッチは投資のポートフォリオの一つとして考えて良いのではないか、みたいな事が書かれています。

個人的には腕時計を投資対象として考えることは好きではないんです。

時計を投資対象としてではなく、あくまで自分の価値観と好みで選択すれば、将来的に価格が落ちたとしても、失望はある程度は低く抑えられるのではないでしょうか、と常々お客様には話しているのですが……。

客観的に考えると、この意見はある意味、自分の仕事に対するリスクヘッジの面もあるのかもしれません。。。

話を戻して、この記事を先入観なしに読んでみると「時計を投資として捉える」という考え方もあながち間違いでは無いのかもしれないなぁと思ったりしてます。

加えて、時計の場合は株式や不動産と違って実際に自分も使用して楽しむ事が出来るというメリットもあります。

また、購入に際して例えばパートナーを説得するにも、「これは投資だから」と説明すれば、単に娯楽品よりは説得力があるかもしれません😅

ただし、時計を単なる金額的な評価だけで売買するような投資家が時計の市場に更に参入してくると、そこに群がる怪しげな人達や怪しげな時計が暗躍する可能性がますます高くなりますから、市場が健全でなくなっていく危険性も含んでいますよね。と言うか既にその傾向があるかもしれません。

最近は、かなり若い世代の人や、経験の浅い人がどんどん高額の時計を売買してたり、実際にトレーディングに従事せずに時計の情報の提供やソーシャルメディアの運営だけで飯を食っている人を見ると、なんとなく釈然としない思いを抱いたりします。

でもそれが今の潮流ですし、市場はこれからもどんどん変わっていくわけですから、流れに上手く乗る必要はなくても、少なくとも遅れないようにはしなくてはいけないかもしれないなと思って、嫌々ながら時々ソーシャルメディアにも目を通したりするようにしています😅

96プラチナ

96プラチナのバトンインデックスが入荷しました。

96のプラチナは私のデータでは大半がダイヤモンドインデックスで、おおよそ1/5がバトンインデックスになります。

ラフに見積もるとトータルで300本くらい製造され、うち50~60本位がバトンになるのかな。

ちなみにブレゲやセクターも数本はあるんですよね。

いずれにしてもバトンインデックスの個体はとても希少なのは事実です🙂

1 / 41234
TOP