BLOG  Archive:2018年8月

オールドパテック

今日はオールドモデルの紹介。

アーカイブスはまだですが、恐らく20年代の時計。

夜光のインデックスと針。

夜光で焼けた跡のあるダイヤルも渋いです。

長さは約40ミリと比較的大型の時計。

最近はこういう古い時計にとても惹かれます🙂

ref.429/3

とても珍しいスティールのレクタン、ref.429/1です。

マーケットでは数本しか知られておらず、その中でもこのセクターダイヤルの個体はこの一本のみです。

GUBELINとのダブルネームです。

570イエロー

連日の570の紹介です。

こちらは1950年代後期のイエロー、ノンポリッシュにエナメルダイヤル。

あまり使わない言葉ですが、いわゆるミントコンディションです😊

570ホワイト

今日はここ最近では気温は低めでしたが湿度が高くて、嫌という程汗をかきました。

さて、時計のブログですが、久しぶりのホワイトの570です。

60年代初期のエナメルのロゴです。

570は50年代の後期から70年頃まで製造されましたが、ロゴがエナメルで描かれているのは1960年初期までになります。

570の中でもプリントモデルかエナメルかでかなり違うなというのが私の印象です。

96スティール

96スティールが戻りました。

1938年製造ですので、びっくり80歳です😳

綺麗な時計です。

あずき、お風呂

今日は例によって猛暑日なので、あずきを久しぶりにお風呂に入れました。

あずきは目やにが結構多くて、すぐ固くなっちゃって取れなくなるんですよね。

本人も痒そうにしてるから取ってあげようとすると怒るし

でもお風呂では全く怒らないんですよね。

大人しくて……

あんまり(お風呂が)好きでないんですけど、覚悟するのかな。

おかげさまでとっても綺麗になりました。

でもなかなか大変な作業なんですよね。

あー疲れた

96ローズ、ブレゲ

96ローズブレゲが戻りました。

ローズケース、ローズダイヤル、そしてスペードハンドと、96のブレゲの中ではもしかしたら一番レアな組み合わせかもしれません♠️

eBay

eBayを見てたらまた怪しげな時計が……

ダイヤルはかなり怪しげだけど、他の画像見たらケースは案外ちゃんとしてたりして、ケースナンバーも公開していて、調べたら2002年にアンティコルムさんに出た物でした。

でもムーブメントナンバーは全然違っていて……

もちろんダイヤルも違ってる。

ので、アンティコルムさんで出品された後に誰かがなんかしてこんな事になりました、みたいな感じなのかな。

色んな事をする人がいますね、世の中は😅

ベルト

またベルトを作ろうかと思ってます。

イメージは🙂

こんな感じで30〜40年代のカタログに出てるみたいな柔らかめの皮に少し太めのステッチが入ったイメージなんです。

なかなか思ったような感じにならないんですよね。

色合いとかも微妙ですしね……。

シロツユクサ

今年もシロツユクサに会えました。

そろそろ咲く頃だからといつも見れる秘密の場所に数日おきに見に行ってました。

その希少さと、清楚な美しさにとても惹かれます🙂

1 / 41234
TOP