BLOG

ref.2418

この時計、一見ref.96ですよね。

でも、実はラグが少し太くて、幅が約17.5ミリでベゼルがフラットではなくコンケーブしてるんです。

この時計はref.2418なんですね。

アーカイブスはこれからですが、恐らく1940年代後期の製造。

市場でも数本しか出てきておりません。

恐らく製造個数も少なかったんだろうと思います。でも、なんでこのリファレンスを作ったのかな。何か目的があったんだろうとは思いますが……。

ちなみに2418の前後のリファレンスを見てみると前の2416/2417は少しラグが変わった形状のレクタンで、2419はミニッツリピーターです。

もう少し調べてみても良いかもしれません🙂

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP