BLOG

ref.3417

ただいまref.3417についてのコラムを作成中です。

一応、ケースサイドから見た世代をチェックしてみましょう。

上から1950年代の初期物、1964年物、そして1965年物になります。

初期物はケースサイド上部にラインがありませんが、64年と65年にはラインが入り、65年物の方がラインが下方に位置されてます。つまり一番下の65年物は若干ケースの厚みがアップしている事になります。

このマイナーチェンジが何を意味するのか分かりませんが、溝そのものがかなり浅いので単に意匠的な意味なのか、もしくは強度や機能的な目的があったのでしょうか……。

ほぼ同じケースデザインで60年代に販売された3466や3483がやはり同じようにラインが入っているので、汎用性の問題かもしれませんね。。

Comment

  1. Tom,IWATE | 

    3417初期型のスモセコ針がよく見るものとは異なり、シンプルな棒型という情報がネット上にあるようですが、本当でしょうか。

  2. onbehalf | 

    コメントありがとうございます。
    私は初期から最後期までリーフ型の物が使用されたと思ってます。
    ただ、当時のカタログを見ると(判定は難しいですが)、バトンっぽく見えるのは事実です。
    もしかしたらプロトタイプがバトンだったのかもしれません。

Comment投稿

お名前 [※]
メールアドレス[※]
URL
コメント

TOP