BLOG  Archive:2016年9月

帰国しました

昨日無事帰国しました。

残念ながら時差ぼけがあるのでしょうか、あまりよく眠れませんでした(U。U)。。。

でもさすがに今日は寝れそうな予感。。。

さて、今日家に帰ってみるとJALから生涯マイル75万マイル達成記念のタグが届いてました。

jalmile

現実的にはあまり使わないんですけどね。。

ちょっと嬉しかったりして(^^;;

一応真面目にJALさんばかり乗ってますからね。。

ちなみに、今年もあと3回乗る予定でございます( ̄^ ̄)ゞ

帰国します

ただいまラスベガスからの乗り継ぎのロサンゼルス空港です。

image

なにせ時差がマイナス16時間ですから、4〜5日では身体も慣れようがないです。

と、こんな内容の悲観的なブログばかり書いてますな(;^_^A

話は変わりますが、昨晩はマイアミのカニで有名なJoe’sでステーキを食べました。

image

ずーっと食べ物に不足気味でしたので、ようやく美味しい物にありつけた気がしました。

わずか4泊でしたが、2回もランしてしまったので、摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れていない気がします。

機内食もイマイチだからなぁ(u_u)

文句ばかり言ってもいけませんね。

帰国したらまた頑張ります(⌒-⌒; )

ラスベガス4日目

今日は一応新着時計のご紹介。

左は3514のローズで右は2482イエローです。

image

3514はゴールドダイヤルに白字のロゴの入ったスペシャルダイヤル、2482はツートーンダイヤルにノンポリッシュの素晴らしいケースコンディションです。

いずれも帰国後にオーバーホールとなります。

ラスベガス3日目

ラスベガス3日目です。

ようやくお仕事開始です(^o^)/

今日は時計の業界のショー。

image

割と賑やかです。

去年も同じ時期にラスベガスに来たのですが、去年よりは人手が多いような……。

しかし、今回は時差がキツイです。

なんだかんだ言って睡眠時間は取れてはいるのですが、細切れで、寝足りない感じがします。

この後イタリアのパルマの催事に行く同業者も多く、何人かからは「お前は行かないのか」と言われましたが、ちょっとさすがにそれはキツイなと……。

アメリカにでも住んでたらそれもあり得るのかもしれないけど……。

でも、同業者からそう言われると、遅れを取るようで、少しだけ焦りを感じたりします(;^_^A

最近アメリカばかりに来てるから、来年はもう少しヨーロッパも増やしてみようかなとか考えてみたりして。

ラスベガス2日目

昨日の夜に無事ホテルに入り、本日2日目を迎えました。

ラスベガスは快晴☀️でございます(^o^)/

image

私は最後の夏を少しだけ楽しんでおります。

今日の夜くらいからボチボチお仕事いたします( ̄^ ̄)ゞ

LAX

ただいまロサンゼルス時間の午後1時半。

空港でラスベガス行きのフライト待ちです。

image

日本はまだ朝の5時半ですな(´Д` )

めちゃめちゃ眠くてしんどいです。

こちらは快晴です。

久しぶりに見た青空。。

出来ればジョギングでもしたいくらいです。

でもしんどいから早く寝たいな(._.)

今日から

ラスベガスに出張してきます。

4泊なので軽装です。

image

もちろん仕事です。

カジノはやりません。。

あちらは最高気温30℃強のようです。

最後の夏を少し楽しんで参ります(^^)/~

昨日は久しぶりに家の近所のLa Paknikova(ペクニコヴァ)さんで夕飯をいただきました。

ペクニコヴァさんは、昨年のミシュランの湘南版で一つ星を取得されたようで、お料理もサービスも今まで以上にグレードが上がったような気がしました。

さて、いただいたのはコースで、メインのお肉料理は「シャリアピンステーキ」だったのですが:

img_8608

もちろん初耳だったのですが、「シャリアピン」をググってみると:

ウィキペディアによると、牛肉を使ったマリネステーキの一種で、1936年に日本に訪れたオペラ歌手、フョードル・シャリアピンの求めに応じて作られ、日本以外の地域ではほとんど知られていない、日本特有のステーキ料理、だそうです。

当時歯痛もしくは入れ歯の不具合に悩まされていたシャリアピンの、柔らかいステーキが食べたいという要望に応えて、帝国ホテル「ニューグリル」の料理長だった筒井福夫さんによって考案された、とあります。

牛肉の表面にはタマネギがベースのソースがのせてあります。

そのタマネギの甘さと牛肉が見事にマッチしたなかなかのお味でございました。

ペクニコヴァさんについてはこちらからご覧くださいませ。

本日は東慶寺の秋の法要でした。

朝から天気が悪かったのですが、幸いにも雨が上がりました。。

img_8591

やはり天気が悪かったからでしょうか、いつもよりもかなり参加されている方は少ないようでした。

最近の雨でうちのお墓は完全に緑の絨毯状態。。。

img_8589

白い彼岸花が綺麗でした(^^)

img_8587

New Arrival 21/Sep

今日は新着のご紹介。

確か以前ブログで紹介していると思いますが、レディースのレクタンref.2292イエローです。img_5383

この時計、1971年製なのですが、本当に限りなく未使用に近いミントコンディションです。

恐らくベルトも当時のまま、もちろんバックルもオリジナルです。

GUBELINとのダブルネームになります。

1930~50年は色々なショップネームがダイヤルに見られたパテックですが、後年になると圧倒的にGUBELINが多くなります。

あとはTIFFANYやBEYERが稀にみられる程度かな。。

それだけ当時はパテックとGUBELINの関係が深かったのかもしれません。

1970~1980年はクォーツショックでスイスの時計の販売が落ち込んでいた時期ですから、多少はそこらへんの影響もあるかもしれません。。。

でも何故か3700には一般的にメジャー系でないようなショップネームも入ったりするんですよね。。

それだけ3700が当時のパテックにとってセンセーショナな時計だったのかな。。。

1 / 3123
TOP